土星蜥蜴の「筆のすさび」

日々雑感。 アニメ文化に関する気ままな評論・感想を書き連ねます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『バスカッシュ!』#04「スリーウェイ・フリーファイト」の感想。

「おにぃたん、ぜぇ~ったい勝つんだぞ☆」
『バスカッシュ!』#04「スリーウェイ・フリーファイト」より

以下、ネタバレが多分に含まれますので、ご了承の上でお進みください。

『バスカッシュ!』#04「スリーウェイ・フリーファイト」の感想。
スポンサーサイト

テーマ:バスカッシュ!-BASQUASH- - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/04/25(土) 02:47:22|
  2. バスカッシュ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『魔法少女隊アルス』全40話の感想。

「私が爪を伸ばしているのは、大好きな天津甘栗ちゃんのためじゃない…」
『魔法少女隊アルス』#01「魔女の国」より

以下、ネタバレが多分に含まれますので、ご了承の上でお進みください。

『魔法少女隊アルス』全40話の感想。
  1. 2009/04/24(金) 22:08:24|
  2. 魔法少女隊アルス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『東のエデン』#03「レイトショーの夜に」の感想。

「うかつしたな…」
『東のエデン』#03「レイトショーの夜に」より

以下、ネタバレが多分に含まれますので、ご了承の上でお進みください。

『東のエデン』#03「レイトショーの夜に」の感想。

テーマ:東のエデン - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/04/24(金) 02:50:16|
  2. 東のエデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『亡念のザムド』全26話の感想。

「私はただの女なんだ…」
『亡念のザムド』#23「誕生ヒルケン皇帝」より

以下、ネタバレが多分に含まれますので、ご了承の上でお進みください。

『亡念のザムド』全26話の感想。
  1. 2009/04/23(木) 02:03:34|
  2. 亡念のザムド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『シャングリ・ラ』#03「天地層造」

「早いのは嫌われるわよ!」
『シャングリ・ラ』#03「天地層造」より

以下、ネタバレが多分に含まれますので、ご了承の上でお進みください。

『シャングリ・ラ』#03「天地層造」
  1. 2009/04/20(月) 22:39:47|
  2. シャングリ・ラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『機動警察パトレイバー2 The Movie』の感想。

「後藤さん、警察官として、自衛官として、俺達が守ろうとしているものは何なんだろうな…」
『機動警察パトレイバー2 The Movie』より

以下、ネタバレが多分に含まれますので、ご了承の上でお進みください。

『機動警察パトレイバー2 The Movie』の感想。
  1. 2009/04/19(日) 23:05:32|
  2. 機動警察パトレイバー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いつのまにかカウンターが100を超えてた!

 いえ、100回も自分で自分のブログを見ているわけではありませんwたぶん自分でカウンター回しているのは20回分くらいだと思いますwちょうどブログはじめて一週間。これで100って多いのか少ないのか…。別にそこまでカウンター回そうという目的でやってるわけじゃないですから、気にはしてないです。けれど、アニメ制作で人に見られなきゃ意味がないってのと合わせて、こんなの書いても見られなきゃ意味がないのかと…。記事の内容も悩みどころです。というか、コメント欲しい…w孤独を感じる今日この頃です。

 ただ、基本的にはアニメ論評の視点として「作品を見て受け手がどう捉えられるか」を中心に考えています。「作品に対して作者がどういう意図を以て臨んだか」ではありません。時にはそういった視点からも考えますが、基本は受け手視点です。当然、作品の解釈としては「作られた時代」や「作者の意図」に遡及するのが作品論の常套手段なのでしょうが、今がまさに「作られた時代」ですので「作られた時代の人がどう受け止めてか」というひとつの記録として「受け手視点」で記述しようと思います。その方針はカウンター云々とは関係なく変えないつもりです。
 まぁ、これからも泰然自若としてゆらりゆらりと書いていきます。
  1. 2009/04/19(日) 18:33:17|
  2. 作業日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『攻殻機動隊2.0 -GHOST IN THE SHELL-』の感想。

「代謝の制御。知覚の鋭敏化。運動能力や反射の飛躍的な向上。情報処理の高速化と拡大。電脳と義体によってより高度な能力の獲得を追求した挙句、最高度のメンテナンスなしには生存できなくなったとしても、文句を言う筋合いじゃないわ。」
「俺達は九課に魂まで売っちまったわけじゃないんだぜ。」
「確かに、退職する権利は認められてるわ。この義体と記憶の一部を謹んで政府にお返しすればね。人間が人間であるための部品が決して少なくないように、自分が自分であるためには驚くほど多くのものが必要なのよ。他人を隔てるための顔。それと意識しない声。目覚めのときに見つめる手。幼かった頃の記憶。未来の予感。それだけじゃないわ。私の電脳がアクセルできる膨大な情報やネットの広がり。それらすべてが私の一部であり、私という意識そのものを生み出し、そして同時に私をある限界に制約し続ける。」
『攻殻機動隊2.0 -GHOST IN THE SHELL-』より

以下、ネタバレが多分に含まれますので、ご了承の上でお進みください。

『攻殻機動隊2.0 -GHOST IN THE SHELL-』の感想。
  1. 2009/04/19(日) 18:21:18|
  2. GHOST IN THE SHELL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『ハヤテのごとく!』1st全52話の感想。

「執事、それは仕えるもの。執事、それは傅くもの。執事、それは主の生活すべてをサポートするフォーマルな守護者。そう、これはひとりの少女のため、命を賭けて戦う少年のコンバットバトルストーリーなのであるぅ。」
『ハヤテのごとく!』ナレーションより

以下、ネタバレが多分に含まれますので、ご了承の上でお進みください。

『ハヤテのごとく!』1st全52話の感想。
  1. 2009/04/19(日) 17:24:03|
  2. ハヤテのごとく!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『バスカッシュ!』#03「デストロイ・デストロイ」の感想。

「アイスマン、私にあなたの遺伝子をくださらない?」
「私に恥をかかせるなんて…、ステキ☆」
『バスカッシュ!』#03「デストロイ・デストロイ」より

以下、ネタバレが多分に含まれますので、ご了承の上でお進みください。

『バスカッシュ!』#03「デストロイ・デストロイ」の感想。

テーマ:バスカッシュ!-BASQUASH- - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/04/18(土) 03:13:08|
  2. バスカッシュ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。