土星蜥蜴の「筆のすさび」

日々雑感。 アニメ文化に関する気ままな評論・感想を書き連ねます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『デュラララ!!』#16「相思相愛」の感想。

「言葉を使ったり、手を握ったり、抱き合ったり…。彼女も、愛を行動で表現したくなった。だけど、罪歌は妖刀だ。愛するにも身体がない。」
「だから、持ち主を操って…。」
「人を斬り続けた。何度も何度も何度も、自分の愛を確かめるために…。」
「愛を形にするために…。」
『デュラララ!!』#16「相思相愛」より

以下、ネタバレが多分に含まれますので、ご了承の上でお進みください。

『デュラララ!!』#16「相思相愛」の感想。
スポンサーサイト

テーマ:デュラララ!! - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2010/04/30(金) 05:51:25|
  2. デュラララ!!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『HEROMAN』#05「アサシンズ」の感想。

「お願い、ジョーイ。私も連れて行って!!」
「な、なんで…!?」
「どこにいたって、危険なことに変わりはないわ。だったら、ジョーイとヒーローマンの側にいるのが、一番安全でしょ!?私は絶対にお兄ちゃんを探し出したいの!だから、お願い!!」
『HEROMAN』#05「アサシンズ」より

以下、ネタバレが多分に含まれますので、ご了承の上でお進みください。

『HEROMAN』#05「アサシンズ」の感想。

テーマ:HEROMAN - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2010/04/29(木) 22:00:00|
  2. HEROMAN
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010年-春-新作アニメの寸評(序盤)

 さて、『四畳半神話大系』も初回を向かえ、今期のアニメは出揃ったところだと思います。ってことで、三話や四話を迎える作品も多い中、序盤の寸評をまとめます。さて、初回からの勢いはどう変わっているのかw今期は頑張って新作アニメを多めに見てるからちょっと大変なんだな。。特に木曜日wなんであんなにアニメが集中してるんだろうかwそれでは、ゆるりと感想を書いていきましょう。

前回:2010年-春-新作アニメの寸評(初回)

《対象作品》
■閃光のナイトレイド
■けいおん!!
■迷い猫オーバーラン!
■RAINBOW-二舎六房の七人-
■会長はメイド様!
■B型H系
■HEROMAN
■さらい屋 五葉
■四畳半神話大系
■デュラララ!!
■Angel Beats!
■いちばんうしろの大魔王
■薄桜鬼
■Working!
■荒川アンダー ザ ブリッジ
■最強武将伝 三國演義
■裏切りは僕の名前を知っている
■GIANT KILLING

以下、ネタバレが多分に含まれますので、ご了承の上でお進みください。

2010年-春-新作アニメの寸評(序盤)

テーマ:見たアニメの感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2010/04/27(火) 00:01:00|
  2. アニメ四季報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

作品を消費するのか消化するのか

 世の中は上海万博での「パクリ」騒動などで賑やかである一方、asahi.comで「真似こそ文化の原点」と見出しの付けられた記事を見かけました。うぉ、いい記事かなぁと思って読んだら、そうでもなかった…かなwあんまり踏み込んだ記事でもなかったし。。今回は真似やパクリやオマージュやパロディーといった問題から話を始めて、アニメが経済と文化の間でどのように振舞うべきなのか考えてみます。

【記事の出典リンク】asahi.com 2010年4月22日15時26分掲載分
「真似こそ文化の原点 『1Q84』もまた…」
http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY201004220285.html

作品を消費するのか消化するのか

テーマ:見たアニメの感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2010/04/26(月) 00:01:00|
  2. アニメ時評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『さらい屋 五葉』#02「抱かれたい」の感想。

「しかし、それがし…。すっかり輪の中でござる。」
『さらい屋 五葉』#02「抱かれたい」より

以下、ネタバレが多分に含まれますので、ご了承の上でお進みください。

『さらい屋 五葉』#02「抱かれたい」の感想。

テーマ:さらい屋五葉 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2010/04/25(日) 00:01:00|
  2. さらい屋 五葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『デュラララ!!』#15「愚者一得」の感想。

「もう瞬間を何から何まで刹那と言い換えて、かっこいい文章だと思うのはやめるんだ!」
「そういって、いろいろ斜めに見ていたいお年頃なんだね~、ユマっちは~w」
「世の中の常識的なオトナの意見を否定すれば、反抗期の中高生にウケるだろう、とか思うのもやめるんだ!!」
「思想とか社会を批判すれば、かっこよくなるとか、薄っぺらだよねぇ~w」
『デュラララ!!』#15「愚者一得」より

以下、ネタバレが多分に含まれますので、ご了承の上でお進みください。

『デュラララ!!』#15「愚者一得」の感想。

テーマ:デュラララ!! - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2010/04/24(土) 00:01:00|
  2. デュラララ!!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『四畳半神話大系』#01「テニスサークル「キューピット」」の感想。

「秋になれば我々は出雲に集まって、男女の縁を決める。ここに君の知っている明石さんの名前がある。そして、こちらに君と小津の名前…、わかるかい?」
『四畳半神話大系』#01「テニスサークル「キューピット」」より

以下、ネタバレが多分に含まれますので、ご了承の上でお進みください。

『四畳半神話大系』#01「テニスサークル「キューピット」」の感想。

テーマ:見たアニメの感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2010/04/23(金) 03:34:18|
  2. 四畳半神話大系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『HEROMAN』#04「タマ」の感想。

「あぁ、ナンセンスだぁ。こんなこと、ナンセンスだぁ!!」
『HEROMAN』#04「タマ」より

以下、ネタバレが多分に含まれますので、ご了承の上でお進みください。

『HEROMAN』#04「タマ」の感想。

テーマ:HEROMAN - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2010/04/22(木) 22:00:00|
  2. HEROMAN
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

アニメというメディアの特徴っぽいもの

 ツイッターを始めて、はや一週間が過ぎた。いまだに知り合いをフォローするだけの情報がないけれど、有名なアニメ監督なんかをフォローしていると面白い。こういうのを「私淑」するって言うんだろうなぁ。。ネットを介して私淑できる時代が来るとは、すごいねwwやっぱりアニメの受け手の見る視点と、プロの見る視点っていうのはずいぶん違うもんだなぁと思う。それにしても、作画術やディレクション術や制作のあれこれに関する言及はあっても、今のところ作品そのものの内容に踏み込むような話を見ない。制作者は制作者であって、批評家ではないってことなんだろうか…。そりゃぁ、作画の方法や意図にも思想性を汲み取ることは十分に可能なんだろうけど、やっぱりシナリオやセリフといった中身に対する意識は重要だと思うんだな…。そこんとこ、どうなんだろ。ってことで、今回はアニメというメディアの特徴について考えます。

アニメというメディアの特徴っぽいもの

テーマ:見たアニメの感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2010/04/21(水) 03:03:21|
  2. アニメ時評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おすすめアニメ20選!

 ここらでひとつ、埋もれがちな良作アニメを世に知らしめんがため、おすすめなアニメをいくつかご紹介したいと思います。基本的に有名な作品は取り上げず、あんまり名前を聞かないけど良作だと思った作品を選びました。あんまり作画のことはわからないので、シナリオ面など内容での評価になるかな?頑張って少なくしようとしたけれど、キリよく20選が限界だった…。タグっぽく簡単なキーワードを付けながら、短くコメントしました。順不同。ご参考まで。。。

おすすめアニメ20選!

テーマ:見たアニメの感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2010/04/19(月) 00:01:00|
  2. アニメ時評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。