土星蜥蜴の「筆のすさび」

日々雑感。 アニメ文化に関する気ままな評論・感想を書き連ねます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アニメ制作の職制がおかしなことに…

 最近のエンディングクレジットを見ていると、おかしなことが起こっているような気がしてくる。総作画監督が5人いたり、作画監督が10人もいたり、動画や仕上げで括られる職種にもそれぞれ本当は2種類あったり、制作進行にも動画管理とか仕上げ管理が出てきたり、なんだか職制に変化の兆しが見られるような感じがする。ここらでひとつ、アニメ制作の職制についてまとめておきたいと思います。

アニメ制作の職制がおかしなことに…
スポンサーサイト
  1. 2013/03/31(日) 23:59:35|
  2. アニメ時評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2013年-冬-(3月末終了)新作アニメの感想と評価

 なんとなく2013年冬アニメ(1月~3月放映)の感想をまとめます。今期の作品で視聴を完了したのは20タイトルありました。全体の半分くらいなのかな?本当はひとつひとつの作品に対して丁寧に感想を書くべきなんだろうけど、さすがに面倒なので…。ざざっとまとめてみました。
 いつも悩むのがシーズン的に「冬」なのか「新春」なのか「春」なのかっていうところ。アニメは1年を4期に分けて3か月ごとに区切りがあるんだけど、4月から始まるアニメは「春」、7月から始まるアニメは「夏」、10月から始まるアニメは「秋」、とすると1月からのは「冬」ってなる。なんだけど、春と言えば春だし、まるで1年が冬から始まるみたいな感じになってもどかしい。まぁ、細かいことなんかどうでもいいんだ…。
 ちなみに、今回も今までお誘いを頂いていたピッコロ様の企画に連動できるよう、評価の形式などは「今期終了アニメの評価をしてみないかい?」に提示されているものに準拠しています。あくまで評価の数字は参考程度にして、具体的な感想を書くことが本意ですので、あしからず。
 いつもながら長々としたものになりますが、最後までお付き合い頂けると嬉しく思います。。

企画元URL:「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」

以下、ネタバレが多分に含まれますので、ご了承の上でお進みください。

2013年-冬-(3月末終了)新作アニメの感想と評価

テーマ:見たアニメの感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2013/03/31(日) 17:11:01|
  2. アニメ四季報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

『RDG レッドデータガール』#03「はじめてのお使い」の感想。

「本当はわたし、ここにいるわたしを、誰かにわかって欲しいと思っていたのかな。だから、和宮くんが寄ってきた。見られることが怖いのは、傷付けられるのが怖いから。見られることが恥ずかしいのは、自分で自分を否定しているから。わたしは、これほど冴えない鈴原泉水子ではなく、他のものになりたい。」
『RDG レッドデータガール』#03「はじめてのお使い」より

以下、ネタバレが多分に含まれますので、ご了承の上でお進みください。

『RDG レッドデータガール』#03「はじめてのお使い」の感想。

テーマ:見たアニメの感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2013/03/31(日) 04:40:03|
  2. RDG レッドデータガール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『翠星のガルガンティア』#02「始まりの惑星」の感想。

「当船団代表補佐、リジットである。お前は何者か。」
「対ヒディアーズ殲滅兵器、チェインバー操縦者、レド少尉。」
「殲滅兵器…。ヒディアーズとはなんだ。」
「敵、共存不可能。貴君らは人類同胞。同盟に参集せよ。」
『翠星のガルガンティア』#02「始まりの惑星」より

以下、ネタバレが多分に含まれますので、ご了承の上でお進みください。

『翠星のガルガンティア』#02「始まりの惑星」の感想。

テーマ:見たアニメの感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2013/03/31(日) 03:06:50|
  2. 翠星のガルガンティア
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

『翠星のガルガンティア』#01「漂流者」の感想。

「永きに及んだ漂泊の時代は終わり、我ら人類は、あまねく銀河に繁栄の世界を手に入れた。それが、アヴァロン。麗しき理想郷。科学の叡智と、開拓の意志が築き上げた楽園の輝きを見よ。これこそが、諸君の故郷。4億7000万の全市民が、諸君の勇気と献身を讃え、栄誉ある兵士たちの名を胸に刻んでいる。讃えよ。人類銀河同盟に約束された、久遠の未来を。ここより、人類の飽くなき挑戦は始まっていくのだ。だが、諸君。忘れてはならない。この非情なる宇宙の深淵には、時に、容赦ない悪意が潜むことを。我ら人類の前途を脅かす、ヒリヤーズの跳梁を。断固として阻止すべし。かような下等生物に、人類の躍進を阻まれてはならない。英雄たちよ。大いなる試練のときに奮起せよ。無念のうちに散った幾多の犠牲を。今なお危機に瀕している、未来の同胞たちを忘れるな。」
『翠星のガルガンティア』#01「漂流者」冒頭部より

以下、ネタバレが多分に含まれますので、ご了承の上でお進みください。

『翠星のガルガンティア』#01「漂流者」の感想。

テーマ:見たアニメの感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2013/03/31(日) 01:52:59|
  2. 翠星のガルガンティア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『ガールズ&パンツァー』全12話の感想。

「ねぇ、帰ったら何する?」
「お風呂入って…」
「アイス食べて…」
「それから…」
「戦車、乗ろっか!?」
『ガールズ&パンツァー』#12「あとには退けない戦いです!」より

以下、ネタバレが多分に含まれますので、ご了承の上でお進みください。

『ガールズ&パンツァー』全12話の感想。

テーマ:見たアニメの感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2013/03/29(金) 01:30:03|
  2. ガールズ&パンツァー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再現芸術としてのライトノベル

 そもそもライトノベルは文芸作品として不完全なジャンルと言える。それは作者が表現することを放棄しているからであり、読者が自らの読解を糧に幻想的なオリジナリティーを獲得するという、一種の共存関係の成立によって初めて完成を見る。演技の台本たるライトノベルは読者に演じられることで完成する再現芸術なのだ。

再現芸術としてのライトノベル

テーマ:見たアニメの感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2013/03/25(月) 21:26:19|
  2. アニメ時評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『RDG レッドデータガール』#02「はじめての手のひら」の感想。

「東京の人ゴミにあてられて、気分が悪くなったとか。そういう話なのか?」
「簡単に言わないでよ。あんなに変なものがいっぱいいるのに…。」
「なんだよ、変なものって。」
「付け狙おうとする悪いもの。何か禍々しくて、黒い塊に見えるもの。」
『RDG レッドデータガール』#02「はじめての手のひら」より

以下、ネタバレが多分に含まれますので、ご了承の上でお進みください。

『RDG レッドデータガール』#02「はじめての手のひら」の感想。

テーマ:見たアニメの感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2013/03/24(日) 04:50:39|
  2. RDG レッドデータガール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『PSYCHO-PASS』全22話の感想。

「なぁ、どうなんだ、狡噛。君はこのあと、僕の代わりを見つけられるのか?」
「いいや、もう二度と、ゴメンだね。」
『PSYCHO-PASS』#22「完璧な世界」より

以下、ネタバレが多分に含まれますので、ご了承の上でお進みください。

『PSYCHO-PASS』全22話の感想。

テーマ:見たアニメの感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2013/03/23(土) 02:53:13|
  2. PSYCHO-PASS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『RDG レッドデータガール』#01「はじめての転校生」の感想。

「私、おかしいのかな…。普通の女の子の暮らしをしたいだけなのに。」
「地元の外津川高校に通えば、それができるのかい?」
「…と、思うの。」
『RDG レッドデータガール』#01「はじめての転校生」より

以下、ネタバレが多分に含まれますので、ご了承の上でお進みください。

『RDG レッドデータガール』#01「はじめての転校生」の感想。

テーマ:見たアニメの感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2013/03/17(日) 03:01:21|
  2. RDG レッドデータガール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。