土星蜥蜴の「筆のすさび」

日々雑感。 アニメ文化に関する気ままな評論・感想を書き連ねます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『コードギアス 反逆のルルーシュ』#06「奪われた仮面」の感想。

「部屋に居ろって言っただろ。」
「あの男、新宿で会ったブリタニア軍人だろ?いいのか?」
「あいつは大丈夫だ。その、友達…なんだ。」
『コードギアス 反逆のルルーシュ』#06「奪われた仮面」より

以下、ネタバレが多分に含まれますので、ご了承の上でお進みください。


--------------------------------------------------------------

 ニーナが「あの二人、まさか…」って猫を捕まえたときに言いましたけど、この続きってなんだったんだろう。。普通に考えれば、っていうか、正しい解釈はイレブンであるスザクと仲の良いルルーシュへのショックが背景にありますから、「あの二人、まさか友達なの?」っていうのが妥当なところなんでしょうね。。でも、「あの二人、まさか付き合っているの?」…、飛躍ですね、はいwwカレンはキスしたことなかったんだwwちょっと意外…。女の子らしい反応を見せるカレンって何か魅力的です。。今回は生徒会メンバーのキャラクター紹介も兼ねているんでしょうか。ミレイにディバルに、それぞれのキャラクターが前面に押し出された話でした。

■ルルーシュの言動

 本当に、あんな素っ頓狂な声は最初で最後ですよねww完全に冷静さを失ったルルーシュっていうのも珍しい…。あの時点で最大の弱点となり得る物的証拠を「猫」というたわいもないイレギュラーによって持ち出されちゃったわけですから、計画立てるの大好きなルルーシュとしてはまさに想定外の出来事だったんでしょうね。。ここらへん、何ら説明的な描写を入れずに生徒会メンバーの性格が具体的に描かれているので好印象です。さすがです。
 そして、猫を捕まえるのに「テロリストどもがいれば包囲作戦を展開する」って、どんだけだよww滑稽ですよねwwただ、気になるのは「テロリスト」っていうセリフ。かつてルルーシュはカレンや扇に対して自分たちの行為は「テロ」ではなく「戦争」だと言いました。なのに、ここでは「テロリスト」って言っちゃうんだねw結局、ルルーシュは彼らのことを仲間とは思っていなくって、単なる自分の計画を進めるための手駒としか思ってないことが表れているんでしょうね。ルルーシュの「オレ様」ぶりが出ていますww
 それに、スザクとの関係性も面白かった。スザクに対して、「お前は他人の都合を考えないで」というようなことを言います。彼ら二人は目的は同じでも方法は決定的に違いますから、こんなすれ違いも起きるんでしょう。。スザクは多くの人に共有されている「正義」みたいなものを信じていて、常に自分の行動もその「正義」に対して恥じないよう行動する感じ。ルルーシュはそんなの関係なく、目的さえ達成されれば手段などどうでもいい感じ。以前、ルルーシュがスザクを助けたときも、スザクは「正義」のために自ら法廷へと戻ったわけです。だからこそ、ルルーシュは自分の考えによって助けたにも関わらず、スザクの変な正義感によって好意を否定されてしまったことになります。片思いですよねwwでも、スザクの正義感が単なる幻想でしかないことは、後に彼がコロコロと身を翻して「裏切りのスザク」と呼ばれることに如実に表れています。結局、彼の正義感は独善的なものでしかないんでしょうか…。そこらへん、もう少し回を進めないとわからないかな?

■ナナリーの手

 ナナリーって、実はルルーシュやスザクよりも特殊な能力を持っているのかも、だって、手に触れただけで相手が誰なのかわかるんでしょ?最終話では、ルルーシュの手に触れただけでルルーシュの考えていたことや今までにやってきたことを悟ったわけですから、ギアス能力ではないけれど、かなり特殊な能力を持っていたことになります。

■コードギアスの社会性

「人は、平等ではない。生まれつき足の速い者、美しい者、親が貧しい者、病弱な身体を持つ者、生まれも育ちも才能も、人間は皆、違っておるのだ。そう、人は差別されるためにある。だからこそ、人は争い、競い合い、そこに進歩が生まれる。不平等は、悪ではない。平等こそが悪なのだ。権利を平等にしたEUはどうだ。人気取りの衆愚政治に座しておる。富を平等にした中華連邦は、なまけものばかり。だが、わがブリタニアはそうではない。争い、競い、常に進化を続けておる。ブリタニアだけが前へ、未来へと進んでいるのだ。」

 このアニメが夕方の時間帯にやっていたことが驚きですwwしかも、他の国から何の批判も来ていなかったのかな?某擬人化アニメは放映中止にまで追い込まれたのに、不思議…wコードギアスの内容のほうが、よっぽどシビアに問題とされそうなものを持っているのにね。。こんな社会の受け止めが視聴者の現状をよく表してますよね。。皇帝のセリフで表現されていることの意味合いを本当に理解しているのかな?悲しいことでもあり、滑稽でもあります。
 アニメでは、しばしば悪役に真実を言わせたり、作品が売れて軌道に乗ってくるとホンネを登場人物のセリフに仮託して言わせたり、そんな方法がよく用いられます。要は、正面を切って本当のことを言っちゃうと、すぐに視聴者は離れちゃうし、いろんな方面から問題視されちゃうから、こうなるんですよね。確かにフィクションであるという断りはしていますけど、やっぱり悪役に本当のことを言わせたほうが「悪役の言うことですから」っていうタテマエもできて都合がいいんでしょう。。
 皇帝の言っていることも、極端でもあり一部には疑問に思うところもありますけど、基本的にはひとつの真実を言ってます。過激だけどねwwただし、ここで留意したいのは現状日本が皇帝のセリフに含まれていないこと。ヨーロッパや中国やアメリカは含まれていても、日本のことは言ってないんですよね。。明らかに避けている。さぁて、そこらへんの「書かれないことの文脈」をどう読み取ればいいんでしょうか。まぁ、具体的な指摘がないので、なんとも言えないですよね。
 それに、最終的には皇帝の思想というのはルルーシュによって駆逐されるわけです。皇帝の思想からすれば戦争は正しい行いであり、それは進化の過程で行われるべき当然の成り行きと考えられるんでしょう。だけど、皇帝の場合は勝者となったからとは言え、次に誰かが打ち負かすことになる可能性を認めています。その点、ルルーシュとスザクは戦争そのものを失くそうとしていて、最後には絶対的な「勝利」を収めることで戦争への抑止力としようとしている。そこで誕生するのが「やさしい世界」になる。そこらへんの論理はまだ理解できない部分もあるんですけど、まぁ、それは追い追い見ていくことにしましょう。

 そして、ニーナの心情を中心に根深い人種差別の実際も描かれています。ニーナはスザクの転校に対して拒絶反応を見せるわけですが、特に今のところ根拠が示されていない。単に「イレブン」であるというだけで、スザク本人の資質や性格といったものを度外視にして拒否反応を示しているわけです。こういった、個人の資質や能力といったものを考えずに、「イレブン」や「男」とか「女」とかっていう「括り」で相手の存在を勝手に規定してしまうことを「差別」とするならば、ニーナの行為は明らかな差別です。何かイレブンに両親を殺されたとかっていう設定があるのならまだしも、今のところそれを描いていない。なんていうか、差別の現状をそのまま描いた感じがします。

 とにかく、こういった社会的にシビアな問題を含んだ内容を夕方のお茶の間に届けたコードギアス。これを黙って子供達に見せていた親がいたとしたら、ちょっと問題なんじゃないのかな?よく性的描写とかグロい表現には過剰に反応するけれど、こういった思想的な面には考えが及ばないんですね。まさに「愚民」!!wwとは言いすぎです、ごめんなさい。。。学校教育では、さも「平等」であることを意識して日ごろの指導を行っているようで、滑稽な話としては、運動会で全員が一位になれるように特別な配慮を行ったり、幼稚園でも「桃太郎」をやるときは主役と端役の差が出ないように十人以上も桃太郎が出てきたり、大変なようです。そんな平等意識を持っている人々が、皇帝の演説を聞いたらびっくりするはずなんだけど…。親が気付かなければ、子供も気付かないから、問題にはならないんですねww



 なんでC.C.はピザハットなんだろう。。物語の最後のほうまで引きずる設定ですよね。記憶がなくなったときもピザ食べてたし…w次回はコーネリアとの戦いです~☆

テーマ:コードギアス 反逆のルルーシュ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/09/02(水) 15:49:55|
  2. コードギアス 反逆のルルーシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lizardofsuturn.blog40.fc2.com/tb.php/102-0387c39d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。