土星蜥蜴の「筆のすさび」

日々雑感。 アニメ文化に関する気ままな評論・感想を書き連ねます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『コードギアス 反逆のルルーシュ』#09「リフレイン」の感想。

「なに?これは…。」
「あれ?言ってなかったっけ?!アーサーの歓迎会。」
「平和ですね…。」
「うふっ、モラトリアムできるうちは、楽しんでおこうよ!」
「カレンの分、用意しておいたから。ほら、この前変なこと言っちゃったお詫び。どれにする?」
「え?私も!!?」
「カレンは要らないだろう?とっくにかぶってるもんな。」
『コードギアス 反逆のルルーシュ』#09「リフレイン」より

以下、ネタバレが多分に含まれますので、ご了承の上でお進みください。


--------------------------------------------------------------

 相変わらずシリアスな黒の騎士団パートとほんわかした学園パートのバランスがいいですよねぇ。。カレンが「黒の騎士団!!」って寝言を言って起きるシーンは何回見ても笑っちゃいますwそれに、ルルーシュがカレンに対して「すでに猫をかぶってるだろ」って言ったときはヒヤヒヤしちゃうしwwシリアスな部分では善悪とかイレブンとブリタニアとか大きな問題を扱っている分、軽めの部分に目がいっちゃいます。息が詰まっちゃいますからね(^_^;)

■深められる問題提起

 前回の話で黒の騎士団が「正義の味方」を名乗り、一段とコードギアスの提起する問題点が鮮明になったように思います。社会の善悪とは何なのか、強者と弱者とは、ブリタニアとイレブンという階級差別とは、いろいろと扱っています。今回は学園パートでのルルーシュとスザクの会話がよかった。

「ま、みんなが助かったのは良かったけどな。黒の騎士団様様だ。」
「犯罪者を取り締まりたいなら、警察に入ればいいのに。彼らはどうしてそうしないんだろう。」
「警察じゃできないと思ったんだろう。警察なんて…。」
「今はダメでも、警察の中に入って変えていけばいいじゃないか。」
「変える過程で、結局はいろいろなしがらみを抱えることになる。」
「それは、ギリギリまで変える努力をしてから、初めて言えることだよ。それをしない限り、彼らの言い分は独善に過ぎない。」
「独善…?」
「彼らが言う悪ってなんだい?何を基準にしているかもわからないじゃないか。一方通行の自己満足だよ。」

 ルルーシュ、反論できないんだねw今まででもルルーシュとスザクの逆の立場からの見方というのは逐一取り上げられてきたけど、ここまではっきりと互いに意見をぶつけ合ったのは初めてなんじゃないのかな?しっかり反対意見を作中に取り込んでいるあたりが好感を持てるところ。っていうか、話がシリアスなのに、なんでBGMが「むっはー」なのか意味がわからない…wこの場面ではルルーシュとスザクっていう2人のキャラを通して善悪に関するディベートをやらせている感じですよね。その点、カレンは次のように感じているようです。

「法では裁けない悪を一方的に断罪していった。私たちはあっと言う間に英雄になった。」

 完全に法治国家を否定してますw現実社会への皮肉もこめられているんでしょうけど、ずいぶんと大胆な発想です。ゼロはひとりの王による徳治政治を理想としているのかな?言わば、ゼロは歩く正義であって、歩く法律というわけですね。だから一方的でもあり正義でもあるんでしょうか。だからスザクからは「独善」だって言われちゃうんですねwでも、残念なのはルルーシュがそれに対して反論しないところ。いや、反論させていないところが残念。どんなふうに答えを考えるんだろうか。むしろ、演出としてはその時点でルルーシュは答えることができなかったと読み取るべきでしょうけど、熟慮した上での答えを聞きたいものです。これから先に答えは出てたっけ??
 それにしても、スザクは頑張りますねぇ。組織の中から変えるってのは時間もかかるし、第一、一回は組織の体制や秩序を是認してから変える方向へと動かなければならないですから、少なからず筋の通らないと思うことでも我慢しなければならないときがあると思います。それを変えようと努力するスザクって見習いたくないけどスゴイと思う…ww

■各話の作り方

 なんていうか、善悪とかイレブンとブリタニアとか、同じテーマを何度も違った視点から繰り返し取り上げているから、わかりやすい!ひとつの話を何かテーマを絞って構成していくわけじゃなくって、作品全体を通して様々な角度からテーマの問題点を洗うから、わかりやすいと同時にいろんな想定をすることができて興味深いように思います。それに、キャラクターに関しても、ひとつの話でひとりのキャラクターにスポットを当てて進めるわけじゃなくって、各話ごとにキャラクターの「らしさ」を状況に即して上手く表現していくから、ストーリーのつながりを維持したままキャラクターも前面に押し出されてきて、いい感じです。本当に惚れ惚れしちゃう。。。勉強させて頂いてます☆



 っていうか、カレンの部屋にはピアノの横にダンベルが置いてあったwwピアノ弾けるのかな?ww作中では取り上げられなかったけど、ピアノが置かれていることに違和感を覚える。。。次回、そんなカレンが大活躍する「紅蓮舞う」です。

テーマ:コードギアス 反逆のルルーシュ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/09/07(月) 23:12:43|
  2. コードギアス 反逆のルルーシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lizardofsuturn.blog40.fc2.com/tb.php/108-9bfa64ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。