土星蜥蜴の「筆のすさび」

日々雑感。 アニメ文化に関する気ままな評論・感想を書き連ねます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『青い花』全11話の感想。

「ふみちゃんは、すぐ泣くんだから…。」
『青い花』#より

以下、ネタバレが多分に含まれますので、ご了承の上でお進みください。


--------------------------------------------------------------

 おそらく、あーちゃんは歴代アニメの中でも屈指の愛すべきキャラクターになるかもしれない。ツボです…wただし、作品としては「別にぃ~」って感じだったかな。。っていうか、なんもない。。。淡々としすぎていて、軽かった。実際の鎌倉をリアルに描いていて見栄えはしたけど、内容としては特に目に付くようなものはなかったなぁ。最後もベタな留学オチだったしwwあんまりにも爽やか過ぎて、記憶に残るような場面もなく…。最終話では、あざとく「東のエデン」という書名の本を紛らせていたしw例の「ひとことアニメ便覧」には星一つとしました。

■描かれない心情

 一番の不満はふみちゃんにしても杉本先輩にしても、心情の吐露はほとんどないんだよね…。密やかに思っているだけっていうか、心の内に秘めて言葉には出さない感じ。見ている側にはなんとなぁく伝わっては来るんだけど、はっきり表現されないからなんとも言えず。。だから爽やかなんだよねw百合とレズの違いがどこにあるのか解らないけど、どうもこの手のアニメってどろどろした女の子同士のケンカみたいなのを想像しちゃうのが間違いだったのだろうか。はじめは『シムーン』なんかを想定していたから、あまりの爽やかさに面食らっちゃったww
 特に杉本先輩の屈折した恋愛感情ってのはもっと積極的に描いて欲しかったなぁ。要は各務先生への失恋から女の子に走ったわけでしょ?結局はふみちゃんと付き合いながらも振り切れてなかったみたいだし。そこで振り切れないにも関わらず付き合ってしまう杉本先輩、みたいな部分にスポットを当ててほしかった。のに、ふみちゃんと簡単に別れちゃって、しかも後の関係もウジウジしてるけどドロドロはしてないし。。それに、ふみちゃんは千津ちゃんとの関係を振り切っていたのかどうかすら怪しい…。のに、その点は杉本先輩との関係においてはほとんど触れられず。ちょっとは触れられたけど、匂わせただけっていうか、単に小出しにしただけっていうか。。どうも作品として積極的にアプローチをかけてるわけじゃなくって、レストランで言えばメニューだけを見て終わっちゃった感じ。料理も出されずに終わっちゃったよww

■誰に向けて作られた作品なのか

 どうしても『けいおん!』なんかとのつながりを感じずにはいられない!なんていうか、女子高生たちの平凡な日常を描きつつ、それを好奇心から覗こうとする男性の視線に期待しているような…。これって、百合アニメだとか言われてるけど、主な視聴者としては男性を想定しているんじゃないかって直感的には思った。女の子はこの作品を見ていて面白いのだろうか。。恋愛の描写なんかはハチクロなんかに比べて断然に劣る…。何がしたかったんだろうねwまぁ、見て、楽しんで、終わりって人々からしてみれば良作だったのかなぁ。勝手な心象としては、あーちゃんが可愛かった作品という思いしかないww



 いや、ホント記憶に残っていないwwだから、感想も書けない。。なんかフジテレビの深夜アニメって好きになれないなぁ。きっと、彼らはお金に目がくらんでいるのさっ!!wwとは言え、興行的にも成功しているようには見えないけど…。
 さて、『青い花』を皮切りに夏アニメもラストをどんどん迎えますから、次々に感想を書き連ねます。今月は毎日更新とはいかなくても、ハイペースでの更新を目指すのだ!!

テーマ:青い花 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/09/11(金) 01:13:10|
  2. 青い花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lizardofsuturn.blog40.fc2.com/tb.php/111-afe14c0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。