土星蜥蜴の「筆のすさび」

日々雑感。 アニメ文化に関する気ままな評論・感想を書き連ねます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『CENCOROLL』の感想。

「この、裏切り者…」
『CENCOROLL』より

以下、ネタバレが多分に含まれますので、ご了承の上でお進みください。


------------------------------------------------------------

 う~ん、否定派ですwいや、作品を否定するんじゃなくって、あんまり評価するほどの作品ではないと思ったっていうこと。ゆるキャラ+ポケモン+細田監督作品『時をかける少女』や『サマーウォーズ』でのヒロイン+微妙に新海誠っぽさなのかな?別に要素を足し算する必要はないんだけど、解り易くね(^_^;)オリジナリティーから言えば、さして感じるところはなかった。確かに描き込みは何か新鮮味を感じるけど、作画とかに疎い身としては細かいスゴさがわからない…。その反面、脚本や演出はおそろしく微妙。映像文法が崩れている部分もあれば、セリフもどこか間の抜けた感がある。内容的にも今のアニメをいろいろと見ながら自分なりに統合して再生産したような感じだった。

■映像

 トマト公園での背景は確かに遠近感があって良かったと思う。他のアニメがいくつかのセルを重ねたりして背景を作るのに対して、一枚絵のように作っているからなのかな?今はデジタルだからセル画じゃないんだけどwでも、どうしてか遠近感を強く感じたのは本当のところ。何が違うのかは不明wあと、光の具合が新鮮だったかもしれない。色指定の問題なのかはわからないけど、とにかく色合いがあんまり見ないようなものだった。それに、教室にあった時計がやけにリアルだったなぁ。何か描き方に質感が感じられる。ダンボールもダンボールっぽかったww結局、映像部分で勝負のこの作品において、何がスゴイのか説明できないんだなw
 でも、場面によっては描き込みに差があるようにも感じた。スゲーなって思わせるカットもあれば、それに比べて見劣りするようなカットもあって、落差が見えてしまっていた。映像にこだわっているなら、そこも含めて勝負して欲しかったところ。どうしても新海監督作品と比べたくなる絵柄だけど、あちらのほうが上手な気がする。それに、背景や物の描き込みはスゴいと思うけど、キャラクターの表情が微妙だったかな。。ユキの眉毛がやけに太かった場面も一箇所あったし、セリフや文脈が冗長かつ緩慢な中で表情で勝負をかけないでいるとなかなか表現性が生まれてこない。もともとアニメで表情を描くっていうのは実写に比べて難しいんだから、セリフも微妙で表情も微妙だとストーリーがぐちゃぐちゃになりかねない。実際に、表情とセリフが合ってなかったり、文脈の欠落を思わせるような展開も見られた。

■脚本

「あのでっかいのも仲間なん?」
「あんなん、食べるん?」

 全体的に不感症というか、感情の起伏に乏しい。驚くところで驚かず、怒るところで怒らず、悩むところで悩まず。のぺーっと淡々とセリフが連ねられていて、声優の演技なしでは色味が付かなかったと思う。それに、どうもヒロインには作者の個人的な嗜好が反映されているように思えてならないw彼女の表情だけは多少なりとも豊かだし、仕草もバリエーションがあった。微妙な方言っぽい文末も気になる。。彼女にだけ強い思い入れがあるんだろうか?wそれにしても、ユキは時かけやサマーウォーズのヒロインを想起させるキャラクターに思えてならない。趣味的に見えるなぁ。。微妙に無気力な登場人物たちに囲まれて、ユキの人物造形だけやけに記号的な属性付与が目立ってアンバランスだった。彼らに脳みそが入っているようには見えないんだよね。。「世の中どうでもいい」とか「なんとでもなる」みたいに思ってるんじゃない?なんというか、ストーリーを進める上で必要なセリフを宛がわれているだけで、その人物だからこそのセリフっていうのがあまり見られなかった。加えて、斬新過ぎる編集によって映像文法に断絶が見られるカットがいくつかあった。尺の問題なのかもしれないけど、もう少し工夫が欲しかった。

■センコの恋

 ただ、無口だったセンコの感情?だけは目立っていたかなwユキのことが好きで主人を裏切ったわけで、そんな心意気がいじらしいwwセリフは何もないくせに、唯一と言っていいほど、センコのキャラクターだけが立っているように見えた。動物好きな女の子が好みそうなタイプだよねwポケモンにもいそうだwwただし、このセンコの恋もユキにベクトルが向かっていて、この作品全体がユキというアイドルを描くための嗜好品に見えてしまう。



 ユキは撫子だし、シュウは滝沢朗でにやけてしまったwさして内容的に取り上げるところもなく、映像の部分にも疑問があるうえは、取るに足らない作品に思えました。世間での評価はと言えば、映画祭などで取り上げられているみたいで好評なのかな??『化物語』にしても『空中ブランコ』にしてもこの作品にしても、何か人物の描写に病的な要素を感じるのは気のせいだろうか…。ここらへんに出てくる人物って他者とか大衆への依存が過ぎるんだよね。。気持ち悪い…。

テーマ:見たアニメの感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/11/02(月) 03:58:04|
  2. CENCOROLL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lizardofsuturn.blog40.fc2.com/tb.php/147-adb069aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。