土星蜥蜴の「筆のすさび」

日々雑感。 アニメ文化に関する気ままな評論・感想を書き連ねます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『ハヤテのごとく!』1st全52話の感想。

「執事、それは仕えるもの。執事、それは傅くもの。執事、それは主の生活すべてをサポートするフォーマルな守護者。そう、これはひとりの少女のため、命を賭けて戦う少年のコンバットバトルストーリーなのであるぅ。」
『ハヤテのごとく!』ナレーションより

以下、ネタバレが多分に含まれますので、ご了承の上でお進みください。


----------------------------------------------------------------------

 「かしずく」って「傅く」と変換されるんですねwこれだと中国の「太傅」ですからお世話係って感じですね。和語の「かしづく」は大切に育てるとか心がこもっている意味合いが感じられますが、「傅」だと事務的な感じが漂います。主人公のハヤテくんはどちらなんでしょう?w
 このアニメはパロディーの一言に尽きます。それ以外に何の取り柄があると言うのでしょうw過去のアニメのセリフやらシチュエーションやらをふんだんに盛り込んで、ひとつのストーリーに纏め上げるのがこのアニメの方法です。見ている側の人間としてはどのアニメから引用されているのか、それを発見するのがひとつの醍醐味と言える作品です。
 基本的に2ndシーズンは「ラブコメ修行中」だそうですが、1stシーズンは自称「コンバットバトルストーリー」だそうで、まぁ、いろいろアニメを見ている人間としては面白いのですが、何も知らない人は何を見て楽しむのでしょうか。単にナギお嬢様のツンデレっぷり?wなので、作品は「パッチ・ワーク」のようにいくつかの布地を継ぎはぎでひとつの衣服に仕立てる感じで、話によっては単なるボロになったり時には見事に縫い上げることもあります。
 2ndシーズンになって深夜帯に放映時間が移されましたが、1stシーズンはテレビ東京などは10時から放映の朝アニメ。いったい世の少年少女はこのアニメをどう受け止めたのでしょうかw大変不思議です。。。まぁ、よく「深夜34時アニメ」なんて言われてたようですが、言いえて妙な表現だと思います。それが深夜に移って「ラブコメ」要素を盛り込んだわけですから、明らかにターゲットは大きな子どもたちにシフトしたと見られますねwヒナギクをハヤテにぶつけてくるあたりに、その戦略を感じます。
 それにしても、1stシーズンの中盤でハヤテはナギの祖父である帝から暗黒?のペンダントを渡されて、事あるごとにこのペンダントの描写が入るのですが、いまだにタネ明かしされません。引っ張りすぎだろ!と思うのですが…。それとも忘れてる?w
 ちょうど『とらドラ!』を見たあとだったので釘宮さんの声がしばらく耳から離れなかったわけですが、気楽に見られるアニメとしてボケーっと楽しく見ていました。かく言う自分も、ヒナギクが一番好きですw
  1. 2009/04/19(日) 17:24:03|
  2. ハヤテのごとく!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lizardofsuturn.blog40.fc2.com/tb.php/15-33ee6a3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。