土星蜥蜴の「筆のすさび」

日々雑感。 アニメ文化に関する気ままな評論・感想を書き連ねます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『DARKER THAN BLACK -流星の双子-』#05「硝煙は流れ、命は流れ…」の感想。

「クジラを見たんだ。写真は撮らなかった。撮る必要はないと思ったから。でも、なんでだろう、ちょっとだけ、撮っておいても良かったなって…。」
『DARKER THAN BLACK -流星の双子-』#05「硝煙は流れ、命は流れ…」より

以下、ネタバレが多分に含まれますので、ご了承の上でお進みください。


------------------------------------------------------------

 うん、ダメだww毎回の感想コメントを打ち切ろうかどうかの瀬戸際です。。味気ない…。ようやくCパートで桑島法子さんの声が聞こえただけ良かったけど、レバノンやノリオというキャラクターが中途半端な存在感を示すし、BGMもどうしてどうして菅野さんのほうが良かったように思える。蘇芳や黒や未咲やと、なんだかんだと憂鬱ちっくなキャラクターが出てくるけど、あんまり深く心情をえぐらないのが今回の方針なんだろうか。。原っぱの真ん中にある不自然なピンク電話とか、なかなか理解に苦しむ設定も見られた。あれって何かモチーフがあったのかな?

■蘇芳の能力

 ライフルの歪みや傷が直らないということは、やはり転送の能力なんでしょうか。もし創出の能力ならば、そういった不具合も一緒に直して出すはずだよね?とにかく、あの美少女戦士の変身シーンみたいなバンクはどうなんだろう。。。敢えて使う必要性を感じないというか、悪ノリにしか思えないw
 あのペンダントからライフルが出てきていることを考えると、どうしても本人の能力というよりはペンダントの力による能力だと考えたくなっちゃうんだけど、どうなのかな?本人の感情が残っているというのも、単に人間を知る途中の子供が契約者になったからだとは考えにくいと思う。今までも子供の能力者はいろいろと出てきたし、第一、ターニャは純然たる契約者らしさを見せていた。感情が残っているのは彼女本人が契約者になっていないからって考えるのが妥当だと思う。黒と同じような状況だよね…。う~ん。。。この装置がどんな効果をもたらすのか…。

■涙を流す蘇芳

 鶴を撃った蘇芳は涙を流していました。それに、以前に見たクジラを写真に収めておけばよかったと後悔もしています。やっぱり感情あるんじゃんw契約者みたいな能力をペンダントの力で使ったがために、本人も自分自身が無感情な契約者になったもんだと勘違いしてるんじゃないのかな?だから、逆に契約者らしく無感情に振舞わなきゃいけないと錯覚して、今のような人格に落ち着いているように思う。実際には以前の蘇芳のままなんじゃないのかな?どうも、そんな設定があるように感じさせる展開です。
 というか、あの雑草料理の展開はなんだったの?なぜ挿話したのか解らない。いかにもマンガやアニメちっくな表現を使って料理の不味さを演出していたけど、あれをこの作品の世界で使っちゃうっていうのは空気に合わないと思う。しっかりとギャグ回とシリアス回を分けていた以前ならまだしも、今回のように地続きにギャグを使う場合にはギャグとシリアスが互いに干渉しあって仕方ない…。

■未咲の「伊奘冉」輸送戦略

 あの作戦ってダメダメでしょwどうしても『攻殻機動隊S.A.C. 2ndG.I.G.』の#02~#03くらいでやってた核輸送と比べてしまう。まずイレギュラーが発生した段階で全てのトラックを停車してしまうのはリスクが高すぎるんじゃないのかな?むしろ、車が爆破されているとは言え、端から通り抜けることはできたはずだから、速度を上げつつ通過するのが最善だったように思う。実際に、後で伊奘冉を乗せていると思われるトラックが単独で通過しているしね。それに、爆竹の音でおびきだされるのはいいにしても、伊奘冉を乗せているトラックの周囲を警戒するのはバカでしょwwカモフラージュの意味ないしwwどれが当たりなのかバレバレじゃん。。黒はそれを狙って爆竹を仕掛けたんだろうけど、あれは輸送戦略として甘すぎると思う。あまりに黒に優位なストーリー展開に感じられて、リアリティの欠如が甚だしかった。
 っていうかさ、そもそも未咲にあんな重要物資の輸送をよくも任せたもんと思う。しかも仕切ってるしwwだって、警察から引っこ抜いて間もないでしょ?ありえないwさほど戦略的な能力が高くないことは今回の件で証明されているし…、いや、もしもあの四台すべてがデコイだったなんて言う話だったら別だけどwとにかく、無理に未咲をストーリーに絡めているように見えてしょうがない。今回は全体的にそんな感じがするんだよねぇ。。なんていうか、登場人物が別々に自前の脳みそを使って行動しているというより、先にストーリーが優先して決められていて、その筋書きを進めるために都合よくキャラクターを動かしているような感覚がある。どんな作品にも少なからずこんな性質はあるんだろうけど、あからさまに恣意的な様子が読み取れてしまって臭過ぎる。

■伊奘諾と伊奘冉

 これでイザナギとイザナミと読みます。伊奘諾が男神で伊奘冉が女神。国生みと神生みをやった神様です。今回、未咲が輸送しようとしていたのは伊奘冉のほう。#02でラングレーのおっさんが言っていたのは伊奘諾のほう。どうやら両方存在するようです。このガジェットにどんな意味を持たせるんだろうか。アダムとイヴっていう設定を避けたのはエヴァがあるからなのかな?



 ゴキブリ殺人シーンは繰り返さなくってよかったでしょwあれは衝撃的過ぎるww次回は伊奘冉が見られるのかなぁ?ラノベ的な安易な設定っていうオチじゃなければいいのに。。とにかく、何か記憶に残るセリフや様々な文脈の連環の中に絡められたセリフを出して欲しい。もはや作品に安易さしか感じなくなってきているよ。。。

テーマ:DARKER THAN BLACK 流星の双子 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/11/08(日) 20:27:01|
  2. DARKER THAN BLACK-流星の双子-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lizardofsuturn.blog40.fc2.com/tb.php/152-8d09ad40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。