土星蜥蜴の「筆のすさび」

日々雑感。 アニメ文化に関する気ままな評論・感想を書き連ねます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『迷宮物語』の感想。

「狂ってる…。」
『工事中止命令』より

以下、ネタバレが多分に含まれますので、ご了承の上でお進みください。


------------------------------------------------------------

 この作品は「ラビリンス*ラビリントス」「走る男」「工事中止命令」の三作からなるオムニバスです。全体的には作画で押した感じかな?工事中止命令を除けばセリフはほとんどないし、かたや絵はスゴイ。ウィキペディアでは先行上映が1987年だとあるから、当時はまだセル画だったはず。なのに、「ラビリンス*ラビリントス」ではデジタル処理したんじゃないかと思えるような絵もあってびっくりした。全体で50分の短さで、とにかく迷宮の中での不思議な空間を演出したような感じです。

■ラビリンス*ラビリントス

 とにかく絵がスゴかった。1987年に作られたものとは思えない。。構図と言い動かし方と言い、驚きました。この作品全体をこのラビリントスが包むような感じだから、そもそも迷宮の入り口になった作品になります。女の子がラビリンスに迷い込んで、そこで次に続く二つの作品を見ているような感じ。だから、劇中劇のような体裁になるのかな?まぁ、それも虚構の世界から虚構の世界へと橋渡しをするための仕組みにしか見えなくって、劇中劇の作用が効果的に働いていたわけではないんだけど。そもそも、これら三作ってあんまり関係性ないからね(^_^;)
 このラビリントスの内容は不思議の国のアリスがもとになってるのかな?他にもいろんな要素があったように思うけど、具体的な名前が出てこない…wどんどんあっちの世界の入り口をくぐるもんだから、もう今どこにいるのかわからなくなるくらいの迷宮ですw永遠に続く無限回廊って感じ?はたまた、それは虚構の旅でもあり、思考の無限性でもあり、果てしない幻想でもある。そこにどんな物語を読み取るのかは、視聴者次第ってことなんだろうか。そんな思考のループを具体的に絵にしたような感じだと思う。

■走る男

 何したいんだかわからなかった。。結局、超能力の男の話だったの?要はあの男は死んでも走っている、というか、もはや肉体から思考が離れてしまって、死んだことによって新たなスピードの段階に進んだってことなんだろうか。ほとんどセリフがない上に、脉絡もなかなか取りづらかったから理解が難しいなぁ。。とにかく、速さにこだわった男の話ということなのかなぁ。。わからんw

■工事中止命令

 唯一と言っていいほど、筋立てがはっきりとわかる作品。基本的には成長を止めることのない現代社会に対する批判なのかな?主人公が中止命令を受けても労働を止めないロボットに対して「狂ってる…。」とつぶやいたのが、この作品の核になる言葉だと思う。
 この作品で描かれるロボットは、いわゆる「ロボット三原則」とは関係のないロボットだった。人間を殺そうとしていからねw彼らロボットにとって大事なのは工事の完遂であって、そのためには工事中止命令を出した人間は妨害者でしかないから排除の対象となる。たとえ命令を出す側の人間であっても、根本的な工事の完遂という命令を覆すことはできない。ってことは、このロボットは欠陥品ということです。人間からの命令も受け付けないし、同族であるロボットがオーバーヒートして爆発するのも顧みずに工事の完遂を目指すっていうのは異常でもある。これって、結局はロボットを描いたんじゃなくって、ロボットのように働く人間を描いたって受け止めたほうがいいんじゃないのかな?ロボットの歴史からは外れるロボットだし、その行動のありさまを見ていると人間を見ているように思う。何かの目的のために一心不乱に働いて、その結果がどうなろうと関係ない。ひたすら働く。そして、そうやって土地を開拓してビルを建てて、どんどん物を生産して、社会がますます肥大化していく。たとえ求められる結果ではないとしても、とにかく開発することを最優先に考える。これは労働者を比喩したものだと考えるべきじゃないのかな?まるでバブルを見ているような感じだったなぁ。命令の実体がないのにも関わらず、どんどん開発して事業を進めてしまう。まさに「狂ってる」の一言が作品を象徴しているようなセリフだった。



 どうしても絵より脚本なんかに興味があるせいか、見方が偏ってしまうように思う。というか、ホンネを言ってしまえば、絵は時代とともに新しい技術が導入されて古くなるけど、脚本なり作品そのものの内容っていうのは時代が変わっても内容さえ見るものを持っていれば古くなることはないと思う。そう考えると、絵だけで押してくるような作品ってのは普遍性がないように思うんだよねぇ。いや、絵が時代性を表しているとか、絵だけで物語るものが多くあるっていうのであれば話は別だとは思う。けど、それほどの作画を有するアニメってほとんどないんじゃないのかな?まぁ、どうしても絵よりもセリフや筋立てといったところから表れる内容のほうを贔屓目に見ちゃうなぁ(^_^;)

テーマ:見たアニメの感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/12/08(火) 01:00:26|
  2. 迷宮物語
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lizardofsuturn.blog40.fc2.com/tb.php/173-80733966
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。