土星蜥蜴の「筆のすさび」

日々雑感。 アニメ文化に関する気ままな評論・感想を書き連ねます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『コードギアス 反逆のルルーシュ』#23「せめて哀しみとともに」の感想。

「おはようございました。」
『コードギアス 反逆のルルーシュ』#23「せめて哀しみとともに」より

以下、ネタバレが多分に含まれますので、ご了承の上でお進みください。


------------------------------------------------------------

 ご無沙汰してました。年末に終わったアニメの感想などを書いていたこともあり、旧作への感想執筆が滞っています。どうやら、今回のシーズンではリアルタイムで見るようなアニメは少なくなりそうなので、旧作に力を入れて書けるはず…。さて、ルルーシュも盛り上がってきました。というか、ルルーシュって面白いね!w久しぶりに見ると、なおさら面白さが際立って感じられます。もう、ラノベみたいな下らない作品ばっかり見ていると、こういう作品がありがたいものに思えてどうしようもない…w

■雄弁にセリフを語る作画

「虐殺です。日本人は、すべて、皆殺しです!」

 あ~、ルリルリに、なんていうセリフを…w虐殺皇女だなんて、スゴイ名前を考えたもんです。いや、取り上げたいのは、このセリフの直後に描かれたルルーシュの表情です。ユーフェミアがひ弱な身体で銃を乱射するんだけど、それをルルーシュが無表情で見下ろす構図が取られていました。内心は自らの能力によって踏みにじったユーフェミアへの罪悪感でいっぱいだったのか、いつも笑顔で優しかったユフィの口からこんなセリフが出るとは思っていなかったのか、とにかく、悲哀に満ちた表情でした。こういうときにセリフじゃなくって、絵が語ってくれるっていうのは心強い感じ。説得力があるよなぁ。。なんでも口に出しちゃったら、品がないしつまらないよねw解釈に揺らぎが生まれないから、それ以上どうしようもなくなっちゃうし。ここではルルーシュが無口で無表情だったから、それが物語に大きな意味を投げかけていたんだと思う。

「スザク…、式典は、日本はどうなったかしら?」
「日本人のみなさんは、喜んでくれた?」
「私は、うまくできた?」

 もうひとつ、ユーフェミアが死ぬ寸前のスザクとのやり取りも、壊されたユフィの行政特区日本への思いと現実の状況とが上手く重なって描かれていてよかった。皮肉だよねぇ。日本のことを思って行政特区日本を考えていたのに、それをルルーシュのギアスによって真逆の方向へと導かれてしまったんだから、本当のことを知ったらショックで死んじゃっただろうね…。その前に死んじゃったけどwユフィが一言ずつ日本のことを思っている次の場面に、必ず陥落した行政特区日本の式典会場が映されてユフィ批判がされているっていう構図は、その温度差とユフィの悲劇性が互いに高められるような感じで上手く工夫したなぁと思う。こういうのを映像文法って言うのかな?何かしら二つの映像をつなげて流すと、その間に描かれない部分での意味合いが生まれてくるっていうこと。小説なんかでは「行間を読む」なんて言うように、それが映像ではコマとコマの間に表現性があるってことなんだろうなぁ。今回の場面でもユフィの病室と式典会場が交互に描かれたことで、裏切られたユフィの気持ちっていうのが切実に訴えかけられていたように思う。
 最近は何でもセリフに頼っちゃってるような気配もあって、少し滅入ってます。それも、はっきりとセリフで言ってくれたほうが視聴者も理解が簡単なんだろうし、絵で語らせるには労力がかかるから量産には向かないんだろうし、諸般の事情が相俟ってセリフで語る方向性が導かれているのかも。映像によって文脈を作ったり、無口無表情でもセリフを語るような絵を描いたり、こういうのって難しいんだろうなぁ。

■悲劇の皇女ユフィとルルーシュの潜在的な嫉妬心

「さようなら、ユフィ。たぶん…、初恋だった。」

「ただ、ユフィは俺のギアスに、命令に逆らおうとした。能力が落ちたのかとも思ったが、それはたぶん、彼女にとってとても許せないことで、とても、当たり前のことで…。」

 ユフィの死って、この作品の中で一番の悲劇だったのかもしれない。後半になってもルルーシュとスザクの間にしこりを残すことになるし、ルルーシュとスザクに修羅の道へと入らせる決心のひとつのきっかけにもなっていると思う。それだけ全体の流れから言っても意味のある場面なのに、加えて悲劇性が高いから余計に泣かせる感じ。ナナリーからの電話でユフィとの相談の話が出たり、初恋だと気付いていながらルルーシュはユフィを撃ったり、最後にはユフィの悲願である行政特区日本が奇しくも自身の暴走によって壊されてしまったり、とにかく何もかもが悲劇だった。
 でも、こういった悲劇の裏にルルーシュの潜在的な憎しみがあったんじゃないかとも思う。当然、ナナリーの騎士にと考えていたスザクを奪われたこともあるだろうし、自身の初恋の相手であるユフィをスザクに奪われたという気持ちも少なからずあっただろうと思う。それは学園祭のときの表情を見ればはっきりする。だから、ルルーシュがユフィに悲哀のまなざしを向けても、なんだか納得の行かない部分があるんだよねwユフィはギアスの暴発によって生まれた被害者でもあるから、その責任を感じて自らの手で殺すということなんだろうけど、ややもすれば、内心ではスザクへの嫉妬も含まれていたんじゃないのかな?それはルルーシュ自身も気付かないようなところで、潜在的にあった感情のように思う。あーだこーだとルルーシュは大義のために行動するけど、結局は個人的な感情によって行動の動機が与えられているんだよね(^_^;)

■前に進むルルーシュ

「私は今ここに、ブリタニアからの独立を宣言する。だが、それは、かつての日本の復活を意味しない。歴史の針を戻す愚を、私は犯さない。我らがこれから作る新らしい日本は、あらゆる人種・歴史・主義を受け入れる広さと、強者が弱者を虐げない矜持を持つ国だ。その名は、合衆国日本!!」

「ルルーシュ、君は、殺したいと思うほど、憎い人がいるかい?」
「あぁ、いる。」
「そんなふうに考えてはいけないと思っていた。ルールに従って戦わなければ、それはただの人殺しだって…。でも、今、僕は憎しみに支配されている。人を殺すために、戦おうとしている。」

「俺たち、友達だろ?」

「スザク、俺の手はとっくに汚れてるんだよ。それでも向かってくるなら、構わない。歓迎してやるさ。俺たちは友達だからなぁ。ふっはっはっは…。」

 なんだか、ルルーシュってユフィが死んだにも関わらず、それほど落ち込んだような様子が描かれないんだよね。。どうしてだろ?やっぱり嫉妬の心があったから、口ではユフィのことを思っているようなことを言っていても、それほど精神的にはダメージを受けていないってこと?以前にもシャーリーの父親を殺した場面で覚悟は決めていたわけだし、もはや慣れてしまっているということだろうか。確かに、今さら誰を殺して悲しんだところで、今までに殺してきた人たちもいるわけだから、ただ情けないというだけになりかねない。やはり、「俺の手はとっくに汚れている」というのは、シャーリパパも含めて殺した人が多かっただけに、覚悟はすでにできているってことなんだろうか。こうなると、スザクのほうがウブに見えてきちゃうのが不思議w
 思えば、ルルーシュっていろいろなものを失ってきているんだよね。母親を失い、皇位継承権を失い、祖国の土地を追われ、妹は不自由な生活を強いられ、ナナリーの騎士にと考えていたスザクはユフィに奪われ、自分の初恋の相手だったユフィはスザクに奪われ、ユフィが学園に介入したことでルルーシュとナナリーの居場所でさえ危うくなっていた。踏んだり蹴ったりって感じwこれこそ、ルルーシュが動機ある者としてゼロの仮面をかぶる由縁なんだろうし、その行動は力強いものになるのかもしれない。実はルルーシュも悲劇の皇子なんだよね。。



 しばらく他のアニメばっかり見ていたけど、久しぶりに見てもルルーシュは面白いと思えるw一言一言、一場面一場面、それぞれ細かいところまで気が行き届いているんですよ。ルルーシュたちのセリフっていうのも、しっかりと前後の脈絡を持って語られるし、キャラクターの表情だって単に記号として描かれるだけではなくって、しっかりと表情で気持ちを語っている。脚本と演出ってのは表裏一体ですよねぇ。脚本だけ頑張ったって演出で変えられちゃうし、絵が頑張ってくれないとセリフでいちいち説明しなきゃいけなくなるから無駄なセリフが増えるし…。その点、演出がコンテの段階から上手い具合にキャラクターの行動や表情といったセリフ以外の手段で気持ちを語らせるような方法を取ってくれれば、バランスよく仕上がるんでしょうか。それにしても、ユーフェミアの死を知ったニーナの表情は怖かったなw

テーマ:見たアニメの感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2010/01/05(火) 00:01:00|
  2. コードギアス 反逆のルルーシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lizardofsuturn.blog40.fc2.com/tb.php/195-bf008a40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。