土星蜥蜴の「筆のすさび」

日々雑感。 アニメ文化に関する気ままな評論・感想を書き連ねます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2010年-新春-新作アニメの寸評(序盤)+α

 さて、今期のアニメもおおよそ3話を終え、そろそろ本性が出てきたところですwルーティーンちっくに中だるみしている作品もあり、手抜きが見られ始める作品もあり、逆に丁寧な作りこみが冴え渡る作品もあり、初回のみの感想よりもずいぶんと作品そのものに対する感じ方が定まってきた感じです。今回は今期新作のアニメに加えて、前期から続いている2クール作品にも感想を付けたいと思います。以下、今回の感想で対象とする作品です。

■ソ・ラ・ノ・ヲ・ト
■おまもりひまり
■バカとテストと召喚獣
■デュラララ!
■おおかみかくし
■ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド
■COBRA THE ANIMATION
■聖痕のクェイサー

■とある科学の超電磁砲
■テガミバチ

以下、ネタバレが多分に含まれますので、ご了承の上でお進みください。


-------------------------------------------------------------

■ソ・ラ・ノ・ヲ・ト

 う~ん、初回は脚本・演出の作りこみと言い、作画と言い、好感触だった。だけど、ここに来て作画はまだしも脚本というか作品のコンセプトとして微妙なところが出てきている。シリーズ構成は吉野弘幸さん。実は、あんまりこの人の仕事に良い印象を持ってないんだよね(^_^;)単なる先入観だけど…。浅薄というか、短絡というか…。だから何なの?っていう場合がどうにも多いように感じる。確かにラノベちっくな雰囲気を出すのが得意なようで、それはそれで今の時代にしてウケはいいんだろうけど、では後になっても繰り返し見られるような内容を提示できているのかと言えば首を傾げることになる。今回も注連縄に篆書体印鑑にヨーロッパ的な街作りに妙に細かく描かれる楽器の仕組みにと、こだわりが見られるものの、あまり統一感のない雰囲気が漂っている。こういうアベコベな設定を同居させるっていうのは作風として必ずしも効果のあることではないんじゃないのかな?というより、ラノベちっくに意味はないんだけど「意味ありげ」な設定を用いることで、それぞれ興味を惹こうという魂胆があるようにも思えてしまう。中途半端なこだわりほど、みっともないものはないよね。。さて、問題はラストの落としどころかな?

■おまもりひまり

 ちょっとヒド過ぎるかなぁ。。もはや従来の作品の縮小再生産でしかない。ネコミミの刀を持った女子高生風の用心棒、その言葉遣いもどこかで聞いたことのあるようなもの(『狼と香辛料』のわっちw)、いつも通りのハーレム型、おっぱい、幼馴染…。もはや「映す価値なし」って感じw

■バカとテストと召喚獣

 細かい設定に見られる矛盾なり論拠不足っていうのはさておき、とにかくギャグアニメとして気楽に見る感じ。特に取り立てて言うこともないけれど、シャフトの新房監督と縁故のある大沼監督が独立?ってな感じで作られているアニメなだけあって、大沼監督の今後の趨勢を占うような作品になるんだろうか。

■デュラララ!

 いやぁ、ここまで緻密にくみ上げられたストーリーだとは思わなかった。演出や作画も安定しつつ、脚本も十全たる様相を示している。しばらくぶりの評価に値する作品っていう感じ。ベタ褒めだねw最初は『バッカーノ!』と何が新たな要素として変化が見られるのかと不安もあったけれど、見事にその不安を払拭してくれた。歴代のアニメ作品の中でも、そのストーリーコンセプトや登場人物の配置・扱いからして、もしかしたら画期的な作品になるかもしれない。

■おおかみかくし

 もはや予想通りで何も新鮮味を感じない。『デュラララ!』は素晴らしく『バッカーノ!』からの成長ぶりを見せてくれているけど、こちらは『ひぐらしのなく頃に』から何も進歩が見られない。設定や登場人物の面の皮を変えただけで、やってることは今のところ同じとしか言えない。これも単なる再生産に留まっているところ。かえって、こういった縮小再生産の作品がオンパレードで登場するっていう背景に、いかに採算が取れるか根拠のないオリジナルアニメや意欲作が企画として通らないかということが透けて見える。やっぱり、前作である程度の成功を収めていたり、成功している作品の模倣・再生産のような作品が企画として通るっていう、悲しむべき制作側の事情が見える感じ。

■ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド

 ヴァンパイア設定を用いる必要性はあるの?単なる学園ラブコメで終わりそうな気配すらある。演出は見事に新房監督らしさが臭いほど出ている。そのため、見ていて飽きない展開になっているし、エンターテイメント性を打ち出すには見事と言えるような演出を見せる。これから、どれだけシリアスな展開を織り込んでいくかという、作品の骨にあたる部分をどのように表現していくのかというところが勝負といった感じ。この作品では、とりわけ悠木碧さんの演技が冴え渡っており、これからの声優活動が楽しみ。

■COBRA THE ANIMATION

 何これ?時代錯誤も甚だしい。主人公のつまらないセリフ、脈絡のない継ぎ接ぎだらけのパロディー要素、矛盾を含み一貫性が見られず一歩及ばないSF考證、どれを取っても時代遅れ。この作品が20年~30年前にやっているのであれば納得もできようが、今の時代にこんな作品をやったところで仕方がない。おそらく、原作ファンを中心として、そういった古臭いものに懐古の念を抱くような人々に需要があるのかもしれない。しかしながら、アニメ史上においても、あまり取り上げるべきところがあるわけではない。昔の懐かしい時代性を思い起こすってだけの作品なのかな?

■聖痕のクェイサー

 初回の話に映像文法の崩壊や文脈の欠落が見られると思ったら、規制の関係でいくつかカットを省略していたんだね…。これって作品として成立するのかな?規制のないバージョンは作品として見ても構わないんだろうけど、あそこまで省略の甚だしい規制版を全うな作品として見ることができない。こんなことなら、最初から規制なしで放映すればいいのに…。この作品も単に巨乳ってだけで、意味なし・脈絡なしのヒドい内容ではある。

■とある科学の超電磁砲

 なかなか順調に骨のある作風を示していたけど、#16はなんだったの?急激に脚本・演出・作画ともに他の話と見劣りのする内容だったんだけど…。安定してきたところで新人教育ってことなのかな…wAIMバーストの事件から、特に佐天の負い目や今後の行き方に関する気付きなど、メランコリーな雰囲気を出しつつ内面描写に丁寧なところを見せていた。今期の中でも『デュラララ!』に次いで見込みのある作品だと思う。

■テガミバチ

 これも#16が微妙だった。特に脚本と演出はヒドいような…。全体的に安定した作風を示しているけど、オリジナルの内容を織り込んだことによって、中だるみとも思えるような印象を受ける。とにかく、今後の展開をよくよく見ることが大事ってことかな?今のところ、それほど見るようなアニメとは考えていない。せっかく考えられて設定を用いているのに、それを生かせない状況のまま話が進んでいくっていうのも惜しい感じではある。



 いやぁ、お酒を飲みながら書いていると辛辣になっちゃうねwずいぶんとおいしい日本酒を頂いたので、するすると飲んでしまい、今はいい気分ですwやっぱり今期も『デュラララ!』を覗いて縮小再生産が見られ、不毛なまま今シーズンを終えるような気がする。。そろそろ大きな作品が登場してもいいと思うんだよね。。もう十分に時間は経っているでしょ?w次回の感想はすべてを見終わった頃に行いたいと思います。

テーマ:見たアニメの感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2010/01/25(月) 00:01:00|
  2. アニメ四季報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lizardofsuturn.blog40.fc2.com/tb.php/212-ae717931
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。