土星蜥蜴の「筆のすさび」

日々雑感。 アニメ文化に関する気ままな評論・感想を書き連ねます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド』#06「フロム タスク ティルドーン」の感想。

「バンドが成るか否かの瀬戸際じゃ。手段を選んではおれぬ。」
「子どもだぞっ!いくらなんでも、やっていいことじゃねぇだろ!!」
「知った風なことを抜かすな!!お前に何がわかる…。わらわは王国の命運を背負うておる。そのためには、如何なる手段を用いるも躊躇せぬ。それが為政者というものじゃ。国家百年の計もわからぬ子どもが差し出口を挿むでないわっ!!」
『ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド』#06「フロム タスク ティルドーン」より

以下、ネタバレが多分に含まれますので、ご了承の上でお進みください。




 ミナ姫こえぇ~w迫力が違うね。。アキラに叱責を加えた後、感情の高まりを抑えきれずに物に当たる姿っていうのも良かった。切ない場面だったなぁ。。。アキラだけはミナ自身を為政者として見ないでいてくれる唯一の存在だと思っていたのに、そのアキラがミナの判断をとやかく言ってくるわけだから、心中は複雑って感じなのかな?しかも、アキラがグダグダ言ってくる原因が三枝を襲ったヴァンパイアと来たもんだから皮肉だよねw三枝が襲われたからこそアキラが怒っているということをミナが気付いているとは思えないけど…。アキラはヴァンパイアの校内における増殖によって「一般生徒に手をかけて…」と患いていたけど、それは「三枝に手をかけて…」の間違いでしょ?wアキラくん、お冠とは言え物事は具体的に説明しないと伝わらないですよww

■ミナ姫の癇癪

「かっこ良かったよ?お姫さまを守れるのは自分だけだって、必死で戦う君の姿は…。ヴァンパイアバンドのことも、お姫さまのことも、君は何も知らない。」

 ミナ姫は為政者だからこその孤独を感じていたんだろうか。。あの物に当たる場面っていうのは、なかなか奥ゆかしさがあった。以前からアキラを中心にミナと三枝で三角関係が生じていたけど、アキラはミナ姫への不信感とともに三枝との過去を思い出したことで、一気に三枝へと気持ちが傾いた様子です。
 そんな中、ミナはバンド設立のために動いており、アキラの子ども染みた熱血感情論には為政者として冷静に否定しなければならない。なぜミナが手段を選ばずにバンド設立を目指しているのか背景や理由も知らずにミナを否定しようとするあたり、明らかにアキラは子どもだった。でも、そんなミナを見たことによって、アキラの気持ちは離れていくことになるようです。。う~ん、揺れ動いていていい感じw
 でもさ、ミナはそんなアキラが好きなんじゃないの?アキラだけは子どもって感じで、だからこそミナのことを為政者や女王というステータス抜きに相手になってくれるんじゃないだろうか。。しかも、そういった役割をミナ自身がアキラに求めている気がする…。だとしたら、そこで物に当たるのはミナとしてもどうなの?アキラに自分のやってるバンド設立なんかの意味合いを理解してもらおうってのはミナも考えてないでしょ。。まぁ、そんなアキラに政治的手法をとやかく言われたってことで、単に子どもであるアキラを責めたのではなく、子どもなのに口出しをしようとするアキラの未熟さに腹が立ったのだろうか…。いや、アキラ本人は自然と何も考えずに言っているだけだろうから、そんなアキラを前に腹を立てざるを得ない自分っていうのが嫌なんだろうか。。アキラとだけは純粋に一対一の関係でありたかったのに、それがヴァンパイアバンド設立の政治的な駆け引きとともに他者との関係性の中に還元されてしまいそうなのが癪に障るのかな?女王としての顔とアキラとの関係性を両立できないことへの苛立ちってことだろうか。

■物語の展開

 そろそろ物語が動き始めました。バンド設立の法案もどうやら通りそうだし、学園にはヴァンパイアを追い出す動きが出てくるし、あっちこっちで何か次の展開へと進む準備がされている感じ。アキラがミナと出会ったときの場面が、実はヴァンパイアをおびき出すための作戦だったり、ミナが冷徹な手段で政治を優位に進めようとしていたり、とにかくアキラの知らないミナが出てきたっていうところも展開が見られた。指輪の件で三枝との関係性も進んだしね(^_^;)
 そういえば、学園でヴァンパイアを増殖させている背後にいる人物と、総理の背後で特区設立反対を指示していた人物って、同じなんだろうか。。ミナに抵抗する勢力っていうことで共通する気もするけど、どうなんだろ。。
 なんとなぁく、そんな気がするwっていうか、ヴァンパイアって噛まれたら噛んだ相手の命令を何でも聞くようになるの?会長がずいぶん過激な性格に変わっていたみたいだけど、あれってヴァンパイアになったからだよね。。ちょっとヴァンパイアの設定がつかみきれないかなぁ。。いろいろと説明が省略されている部分もあるから、理解が及ばない部分も出てきています。。



 サクマ式ドロップスが出てきた…wなぜ凝った絵になってるの?wwただの飴でいいじゃん、と思うんだけど(^_^;)あの女の子も不思議な存在だよなぁ。。これから本筋にどうやって関わってくるんだろうか。。

テーマ:ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2010/02/11(木) 11:00:00|
  2. ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

ミナ姫の「知った風な口を抜かすな…」のセリフ時の声が泣く寸前のように聴こえたのは僕だけでしょうか?

ミナ姫自身が分かっていることをアキラが子どもっぽい指摘をしたので憤りを隠せなかったのだと思いました
  1. 2010/02/20(土) 09:44:00 |
  2. URL |
  3. 藤川 #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

う~ん、あの場面の演出は気になったところです。確かに声が裏返っていて、泣きそうなくらい感情を表に出していたように思います。

あの場面は自分だったら静かに怒らせるだろうなぁ、とか思いながら見てました。あんなに激昂させるとなると、ミナの心情にも子どもっぽさが見えてしまって、為政者として冷徹に国家百年の計を語るようなキャラクターとして矛盾するようにも思います。ミナが老成しているのか、それとも幼さを残しているのか、そこらへんに曖昧さを感じます。#07を見た後だと、なおさら、単にイチャイチャと痴話ケンカさせたかっただけ?とか思ったり…w
  1. 2010/02/20(土) 16:56:51 |
  2. URL |
  3. 土星蜥蜴 #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lizardofsuturn.blog40.fc2.com/tb.php/228-af41a61f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。