土星蜥蜴の「筆のすさび」

日々雑感。 アニメ文化に関する気ままな評論・感想を書き連ねます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『機動戦艦ナデシコ』#07「いつかお前が『歌う詩』」の感想。

「私には、君に教えることなど何もない。私は、ただ私の大切なもののために、こうするのだ。それが何かは言えない。だが、諸君にもきっと、それはある。いや、いつか見つかる。私はいい提督ではなかった。いい大人ですらなかっただろう…。最後の最後で自分の我侭を通すだけなのだからなぁ。だが、これだけは言おう。ナデシコは君らの艦だ。怒りも憎しみも愛も、すべて君たちだけのものだ。言葉は何の意味もない。それは…。」
『機動戦艦ナデシコ』#07「いつかお前が『歌う詩』」より

以下、ネタバレが多分に含まれますので、ご了承の上でお進みください。




 このセリフはナデシコの中でも指折りの名言だと思います。三番目くらいかな?一番目は最終話のルリのセリフで、二番目はアキトの「これは僕達の戦争なんだ!」っていうセリフ。フクベ提督のセリフはナデシコ奪還のときのルリのセリフにも引用されるし、それだけ全体の話にとっても意味のあるものになってます。ナデシコという戦艦はネルガルのものだし、それはクルーが所有しているものではない。けれど、そこで経験することや生まれる人間関係っていうのはクルーのものに間違いはない。自分の気持ちだけは他人のものじゃないってことなのかな?かつての第一次火星会戦で亡くした戦友との思い出もあって、それで提督は火星で死ぬためにナデシコに乗ったんだろうか…。そう考えると、なかなか話の奥行きを感じます。

■箱庭型のミクロな社会

 ナデシコの基本的な部分は『機動戦士ガンダム』のホワイトベースを受け継いでいるんだと思う。あと、『超時空要塞マクロス』のマクロス。閉じられた戦艦という場所の中で、クルーたちが互いに意見を戦わせながら航海中の共同生活を送るっていう点では共通している。ガンダムで言えばブライトみたいな青年士官と青くさいアムロとのやり取りが見せ場になっているし、マクロスではグローバル艦長という老練さを感じさせるキャラクターと周囲の若々しいクルーとのやり取りっていうのがあった。乗っている戦艦を舞台に、そこにはミクロなコミュニティーが成り立っていて、そこでのやり取りを通じて次第に登場人物たちが精神的に成長を遂げていくっていう寸法になっている。学園もので言うところのクラスや部活といった単位が戦艦のブリッジになったってところだよねw
 今回、ユリカがフクベ提督に対して「教えてもらってないことがたくさんある」っていうようなことを言っていた。これも、ブリッジがそういった人間関係のやり取りの場として機能していたことを感じさせるセリフだよね。。だって、本当なら本番が行われる場所なんだから、あそこに未熟な人が立つわけには行かないじゃんwそれなのに、まだまだ未熟な人々が集まっているっていうところにドラマの生まれる余地があるんだと思う。その点について言えば、ナデシコは腕は一流でも性格的に問題のある人物が集められているだけに、もともと成長の余地は残されているんだよねw腕は一流なのに精神面では未熟っていうのは、かなり戦艦を舞台にしたアニメにとって大義名分になると思う。。

■今後の展開に向けた伏線

 なぜか今回は伏線が多く張り巡らされていた。イネスさんがアキトの顔を見て懐かしいようなセリフを言っていたのもそうだし、イネスさんの記憶がないっていうのもそうだし、ウリバタケさんが粘土でユリカの人形を作っていたり、リョーコがアキトのことをテンカワと叫んで呼んだり、フクベ提督のセリフは後にルリがナデシコを奪還するときに引用されることになるし、フクベ提督の独断については第一次火星会戦からの話を引き継ぐものだし…。なんだか縦横無尽に伏線を張り巡らせていて、スゴかった。ただ単に今後の展開に向けた枕を作るだけでなく、第一次火星会戦のような過去のできごとに向けた展開を持っているっていうところも驚き。
 ナデシコのいいところって、それぞれの話が読みきりみたいな形で終わるんじゃなくって、行きつ戻りつ、それぞれの話が互いに密接な関係を持ちながら解釈を循環させる余地を持っているところにあるんだと思う。それだけ、それぞれの内容が有機的に機能していて、たった一言のセリフでも前後の文脈と絡めて大きな意味を持たせるような効果を生んでいる。そんな表現性こそ素晴らしい。あまり今のところ語られないけど、最大の謎としてアキトがなぜ生きて地球にいたのかっていう問題も残ってるしねw

★今日のマキ・イズミ★
ごめんなさい、読解不能だったwなんて言ってたんだろう。。氷がどうのこうのと…、オチが理解できないだけに、何を言いたいのかさっぱりだったww



 今回は「なぜなにナデシコ」の第一回でしたw「ナデシコのよい子たち」って誰だよ…ww次回からは、またしばらく緩い話になりそうです…。早く後半にならないかなぁ。。

テーマ:見たアニメの感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2010/02/22(月) 05:03:33|
  2. 機動戦艦ナデシコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lizardofsuturn.blog40.fc2.com/tb.php/237-5ba611ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。