土星蜥蜴の「筆のすさび」

日々雑感。 アニメ文化に関する気ままな評論・感想を書き連ねます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『コードギアス 反逆のルルーシュ R2』#02「日本独立計画」の感想。

「答えて、あなたは私にもギアスを使ったの?私の心を捻じ曲げて、従わせて…、ルルーシュ!」
「っふっふっふ、君の心は君自身のものだ。ゼロへの忠誠も、憧れもすべて…。」
『コードギアス 反逆のルルーシュ R2』#02「日本独立計画」より

以下、ネタバレが多分に含まれますので、ご了承の上でお進みください。




 久しぶりにルルーシュの高笑いを聞いたよ…wあんな笑い方するキャラクターは『神秘の世界エルハザード』の陣内以来だねww陣内のほうがよっぽどスゴイ笑い方だけど(^_^;)今回の話で一区切りってとこだと思うけど、しかっかりと掴んでる感じだよねぇ。。ストーリー展開と言い、初見の人への配慮と言い、前回シーズンまでを見ている人へのメッセージと言い、次回以降に向けた伏線の張り方と言い、ひとつひとつの場面が緻密に構成されているように感じる。

■有機的につながりあう場面と場面

「ゼロっ!」
「こいつはルルーシュだ!日本人を、君を利用した男だ!!そんな男を守りたいのか、君はっ!!」

 初回ではなく二話になってから、前回シーズンのラストで語られなかった部分を見せるんだよねwスザクとルルーシュが撃ち合ってから、どんなふうにして今のルルーシュにつながったのかっていうことが説明されていた。これを見れば、初回でヴィレッタ先生が学園にいるっていう不思議が少しは解消されるってもんです。本当なら、これだけでずいぶんと時間をかけて語られるような場面なんだと思うけど、ほぼダイジェストっぽくさらっと流しちゃってるでしょ。。ここらへんの凝縮具合っていうのが、コードギアスの演出らしい特徴のひとつになるのかなぁ。しかも解り易いようになっているから、なおさらスゴイww
 しかも、ここでスザクがカレンに問いかけた質問が、次の場面でカレンがルルーシュに銃を突きつけて詰問する場面と絡んでくるんだよね。。こんな感じで物語が綿密に絡み合ってくるっていうところも、より作品の完成度を高めているように感じる。このあとに、カレンがなぜルルーシュに詰問するのかっていう動機付けを説明するための場面としても意味合いを持つことになるし、初見の人に対しても話の流れを整理する上では大事な場面になっている。それぞれの場面が互いに意味を与えあう関係にあるっていうのは、作品を考えるときには大事な要素なんだろうねぇ。。

「戦略が戦術につぶされて、たまるものか!」

 それに、一連のルルーシュの執った作戦行動が前回シーズンの初回と二話目のものと同じなんだよねwこれも前回から続けて見ている人にとっては「つながり」を感じる部分になると思う。まぁ、過去におけるゼロとの戦いから教訓を得ることのなかったカラレス軍は置いといて…wカラレス軍のサザーランドを鹵獲して、相手の情報を的確に入手しながら戦略を立てるっていう作戦はまったく同じものだった。しかも、ご丁寧に前回シーズンではスザクがランスロットに乗ってイレギュラー的な戦術兵器として機能してゼロを困らせたけど、今回はロロがその役割に置かれるわけだよね…wどれもこれも、まったく前回のシーズンの足跡を辿っているようなものだった。これを見ていると、やっぱりゼロの復活っていうのを印象付けられるというか、こういった戦略の立て方がゼロそのものだっていう感じがしてくる。ゼロの復活を演出するには、前回の足跡を辿ることはかなり効果があったんじゃないだろうか。
 そんな中、新しい要素として伏線もたくさん張り巡らせているんだよねwスザクがルルーシュを売って出世したという話があったけれども、その延長としてスザクに「アーカーシャの剣」を見せるっていう場面が入ってくる。名前を聞いた限りでは「アカシック・レコード」なんかを連想させるよね。。でも、神を殺すって?何がなんだかわからないけど、なんだかスゴそう…wそして、ラウンズの面々が登場してジノやアーニャにも一言二言セリフを宛がっているし、中華連邦側のシンクーにも多めにセリフを宛てて存在感を出させているし、今後の展開を期待させるような伏線も各所にちりばめられていた。第一、最後のシーンで量産型のランスロットから、まさかのロロの登場っていうのがびっくりだよねwしかも、ギアスの力を持っているし…。どこまで引っ張るのが上手いんだか(^_^;)
 もう一点、セリフの宛て方で特徴的な部分がある。ゼロの復活に対する各キャラクターの受け止めをセリフで回していくんだけど、そのときのセリフをつなぐと、ひとつの意味合いを成すようになってるんだよね。。どうしてゼロが正真正銘のゼロであると言えるのか、その理由に関する分析をギルフォード⇒ジノ⇒スザク⇒アーニャ⇒カレン⇒シンクーの順でセリフを回しながら導いているんだよね。。巧みだねぇって感じw

■ゼロという偶像

「私は、ゼロ。日本人よ、私は帰ってきた!聞け、ブリタニアよ!刮目せよ!力を持つ、すべての者たちよ!!私は悲しい…。戦争と差別、振りかざされる強者の悪、間違ったまま垂れ流される悲劇と喜劇…。世界は何一つ変わっていない。だから、私は復活せねばならなかった。強き者が弱き者を虐げ続ける限り、私は抗い続ける!!」

 ルルーシュってゼロっていう偶像を上手く使ってるよね。。別に中身に誰が入っているとも関係なく、ゼロはゼロなんだよね。。そして、その存在の証明は戦略とか英雄的な言動に由来するっていうところもミソなのかも。

「ゼロ、君を終わらせる。」

 このスザクのセリフも、ゼロを偶像として捉えている部分だと思う。スザクはルルーシュを終わらせるのではなく、ゼロを終わらせるって言ったんだよね。。まぁ、この場面は世界を代表してゼロに裁きを加えようというタテマエのもと、ユフィを殺された復讐のためにスザクもキレていた場面だったと思う。。ただ、そういった一連の行動はルルーシュのものではなくって、ゼロの行動だと認識していることに偶像としてのゼロの性質が見えるよね。

■スザクの心変わり

「言ったはずだよ、ルルーシュ。俺は、中からこの世界を変えると…。」
「友達を売って出世するのか!?」
「そうだ。」

 今までのスザクから言ったら、なんだか黒いよ…w前までは全うな正義の味方みたいなことばっかり言う青臭いキャラクターだったし、その持ち前の規範意識によってルールから外れた行動をすることはなかった。むしろ、道徳とか倫理とかっていう美意識を持っていて、それに反するような行動は絶対にとらなかったよね。。っていうか、そういう行動をとることを嫌がっていたし、他人がそうしていたら侮蔑の目で見るようなくらいだったと思う。
 それが、ユフィを殺されたことによって変わったんだろうね。。ゼロに対する復讐の気持ちとともに、規範よりも憎しみが強くなったんだろうか。。そうとでも考えないと、友達を売るという美意識に外れる行動をとるほどの動機は持てないでしょ。。友達だと思っていたルルーシュがゼロだと解って、ルルーシュが自分にとっては完全に「悪」の立場にいる存在だとわかったっていうこともあったろうと思う。彼にとって悪の人間にはルールを適応する必要はないのかな?それこそ、いかにも正義の味方らしい残酷な切捨てだけどね…w
 でも、なぜスザクが皇帝シャルルに謁見できたのかっていう理由だけはわからない。。無理じゃね?wいくらゼロを捕まえてきたからといって、衛兵もいない状況でイレブン風情と直接対面するだなんて…。ここだけは少しご都合的な要素を感じ取ってしまった。

■カレンの疑心暗鬼

「答えて、あなたは私にもギアスを使ったの?私の心を捻じ曲げて、従わせて…、ルルーシュ!」
「っふっふっふ、君の心は君自身のものだ。ゼロへの忠誠も、憧れもすべて…。」
「動かないで!」
「カレン、誇りに思っていい。君が決めたんだ。君が選んだんだ。この、私を…。信じられないか?」
「信じたい…。だから、奴隷になってでも…。でも、私が信じるのはゼロよ!ルルーシュ、あんたなんかじゃない。」

 こんなルルーシュの説明じゃぁ、なんにも納得できないでしょww「君が決めたんだ」とか言ってるけど、その「決める」っていう意志の部分をギアスは変えられるんだから、何の説明にもなってないよ。。まぁ、話を逸らしながら、相手の人心を掌握するっていう術に長けているルルーシュらしい返答ではあるのだけれど。。。カレンもルルーシュのこと好きだよねぇw



 いやぁ、卜部がランスロットの攻撃を受けるシーンの殺陣がかっこよかった!!力入ってるよねぇ。。さすがサンライズっていう感じ。あんまり取り上げないけど、コードギアスって次回予告のセリフが異様にかっこいいんだよね。。今回だって、「待っているだけでは、世界は動かない!」とか言ってるしw次回はシャーリーとのデート回だ!

テーマ:コードギアス 反逆のルルーシュ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2010/03/07(日) 04:29:44|
  2. コードギアス 反逆のルルーシュ R2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lizardofsuturn.blog40.fc2.com/tb.php/250-5f3f5373
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。