土星蜥蜴の「筆のすさび」

日々雑感。 アニメ文化に関する気ままな評論・感想を書き連ねます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アニメを解釈するということ

 ご無沙汰してました。しばらく地元を離れたり、仕事が重なったり、いろいろと忙しかったので投稿が間に合いませんでした(^_^;)誰も困る人がいないってのは、なかなか怠惰な感じになっちゃうよねwついつい億劫になって『デュラララ!』の感想も遅らせちゃいました…。
 そろそろ今期のアニメもぼちぼち終わってきているので、怒濤の感想ラッシュになります…。あぁ、見るだけってのは楽だなぁと最近はよく思う。昔に見たアニメがどんなだったのか、その覚書のために始めたブログながら、だんだん手が伸びないようになってきている。。だけど、やっぱり記事を書いたほうが後々には役立つんだよね…。検索すれば簡単にキーワードがヒットするし。。頑張って書かなきゃ。。。


 解釈ってのは、解説や分解の「解」に希釈とか釈明の「釈」と書くように、作品が何を言っているのか「ときほぐして」「やわらげて」「うすめる」ような感じの作業だと思う。もとの作品が何を言っているのか、それを解釈する側の視点に立って、言い換えたり説明を加えたりして理解を深めるっていうこと。特に時代や場所といった位相が違う場合には、解釈を行わなければ理解できないなんてこともある。あるいは、解釈によって作品そのものの伝えようとしている意味合いが失われてしまったり曲解されてしまうことだってある。要は、解釈するという行為は、受け手が作品をどのように理解したのかっていうことを示す行為であって、それを読んだ人はそれを助けにして作品理解を深めることもできるだろうし、同時にその解釈は解釈する人の持つ文化的背景や教養なんてものを反映したものにもなる。
 基本的な視点は作品や事物などが何を言いたいのかという相手の立場に立った解釈を追い求めることになるんだけど、実際には解釈する側の主観が入り込むために完全に相手の言いたいことを説明するっていうことにはならない。できるだけ主観を排して行おうとするために、他の作品と関連付けたり、同じスタッフの作品傾向から分析したり、作品中のセリフや仕草といったものを比較検討したり、そういった裏付け的な作業を行いながら根拠のある説明を行うのが本来の姿だとは思う。やっぱり実証的な解釈に根ざしていないと、何でもありになっちゃうからねwでも、どうしたって受け手の気付く部分と気付かない部分が出てくるから、そこに解釈の勝負の分かれ目が出てくることになる。どれだけ作品原典の視点に立って解釈を行うことができるかっていう意識のもとに、どこまで気付くことができるのかっていうところが解釈の大きな問題なんだろうね。。解釈する行為には、作品そのものの意味合いを読み取ろうとする性質と、解釈者の主観的な考えの表出としての性質の、大きく分けて二つの性質が内在しているものと思ったほうがいいと思う。
 では、アニメを解釈する場合にはどういったことになるのか。アニメって、だいたいは子ども向けだから難しい内容であることが少ないんだよねwだから、おおよそ解釈は不要の場合が多い。だけど、最近の傾向から言えば、いわゆる「大人アニメ」みたいなものが増える中で、なかなか難解なものも出てくるようになってきた。それに、パロディーなんかは元ネタを考えないと理解できない場合だって多いでしょ?そうなると解釈が必要になってくるんだよね。。
 それに、今の視聴者は理解できることであっても、時代が降って文化的なコードが変わってしまった場合には、その作品の表現が何を言っているのか意味を取りかねる場合が出てくる。だからこそ、今の視点で作品をどのように理解しているのかっていうのを示す行為には意味がある…、と思うんだよねぇw
 そもそも、アニメの文化的な認知度や地位が低い中で、こんなことを言っても仕方ないんだけど。。ひとつの道しるべとして、あるいは単なる覚書として、これからも解釈や感想を書き綴っていきます。

テーマ:見たアニメの感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2010/03/23(火) 20:58:27|
  2. アニメ時評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lizardofsuturn.blog40.fc2.com/tb.php/258-a6709e11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。