土星蜥蜴の「筆のすさび」

日々雑感。 アニメ文化に関する気ままな評論・感想を書き連ねます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『十二国記』#06「月の影 影の海 第六章」の感想。

「私は…。帰る場所なんかない!誰も待ってる人なんか、いないんだ…。」
『十二国記』#06「月の影 影の海 第六章」より

以下、ネタバレが多分に含まれますので、ご了承の上でお進みください。




 陽子がやさぐれてるwwいくら疑心暗鬼になって友達とも別れたからと言って、あんまりにも急すぎる変化じゃない?wしかも、楽俊とは初対面なはずなんだけど、ネズミがしゃべっていることには驚かないし…。。突っ込みどころ満載で楽しい回でしたwwそうそう、フジテレビのノイタミナ枠で小野不由美さんの『屍鬼』がアニメ化されるようです。どんな感じになるんだろうね。。ちょっとワクワク。

■楽俊に驚かない陽子

 いや、普通は驚くでしょ。だって、ネズミが人間の言葉をしゃべってるんだよ?

「よかったぁ、ちゃんとしゃべれんじゃねぇか!」

 って、楽俊のほうが逆に驚いてるじゃんwどんだけ突っ込み待ちなんだよww確かに、本来ならば海客は十二国の言葉を話せない設定のはずだから、楽俊が驚くのも当然なんだけど…。とは言え、先に驚くべきは陽子のほうだったでしょw

「人の言葉をしゃべっても、あれはネズミだ。」

 冷静に分析する前に驚けよww「あれはネズミだ」じゃねぇし!w突っ込み待ちの慶王でした…。。

■やさぐれ陽子

「親切な誰かが助けてくれる。そうじゃなかったのかい?」
「悟った。私は一人だ。帰るところも、行くところもない。」
「そうだ。誰もがお前の死を望んでる。いや、もうお前は死んでるんだぁ。」
「だから生きてやる。誰にも望まれない命なら、私だけでも惜しんでやるんだ。」
「あのネズミは裏切るぜ?」
「私はネズミを信じない。だから、裏切りようがない。」

 いい感じにやさぐれてきてるねwここで「ネズミを信じないから、裏切られることはない。」っていう発想を導いているけど、これが後には「自分がネズミを信じているんだから、裏切られても自分をは関係ない。」っていう考え方に転換していくことになる。そこまでの過程をどう描いていくのかが勝負ってところかな。
 今までは父母の言う通りに優等生ぶって生きてきたけれど、今は誰も指図してくれる人がいない。誰も誉めてくれる人がいない。陽子にとって、今の状況は途方に暮れるようなものだけど、それは単に行くあてがないというだけではないんだよね。誰も自分の生き方を縛り付けるような存在がいなくなってしまったから、そういった意味でも途方に暮れているっていう感じ。他人の目を気にして生きてきた陽子にとって、自分の生き方を変える転機になったはず。そんな中で「私だけでも惜しんでやる」という、生きる動機を自分に引き付けて考えるようになる。親離れをして、陽子も成長の兆しが見えてきたようです。

■帰るべき場所

「私は…。帰る場所なんかない!誰も待ってる人なんか、いないんだ。」

 楽俊が生家を離れる場面は良かったねぇ。何度も母親を振り返って別れを惜しむ楽俊だけど、一方では陽子は無口なまま楽俊をにらむんだよねw陽子にとっては帰るべき場所もないと思ってるし、待ってる人もいない。そんな陽子の目には、羨ましいのと同時に、ねたましくもあったのかもしれない。そんな二人の対比が鮮明に出ていて、良かった。

■「天」という概念

「王は天に選ばれたものだ。この姿で生まれたのも、天がそう決めたからだ。こんなの、おいらのせいじゃねぇ。」

「作物なんてのは、天気がよくって、ちゃんと世話をすれば、勝手に豊作になるんだぁ。天気は天の具合だ。祈ってどうにかなるもんじゃねぇ。」
「でも、神様がいるんでしょ?そう信じてるんじゃないの?」
「さぁなぁ。おいらは、ただの伝説だと思ってるけど…。」

 この作品では「天」という概念について、かなり具体的な事例とともにその感覚を伝えていると思う。慶王登極の段になると、余計に詳しく天について語られることになる。今回はその先走りかな。。あんまり説明しにくいので、今回はパスw



 他の作品を見ながら、久しぶりにアニメ版の十二国記を見ました。なんだろう、やる気のなさを感じてしまう…w

テーマ:見たアニメの感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2010/03/18(木) 00:01:00|
  2. 十二国記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lizardofsuturn.blog40.fc2.com/tb.php/265-b4addf8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。