土星蜥蜴の「筆のすさび」

日々雑感。 アニメ文化に関する気ままな評論・感想を書き連ねます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『電脳コイル』#07「出動!!コイル探偵局」の感想。

「天沢さんに、幸せに生きるコツを教えてあげる。人を拒まないことよ。何でも一人でやろうと思っても、決してできないものよ。誰だって他人の力が必要なのよ。」
「あんたが他人を拒まないのは、相手のためじゃない。自分のためだ。友達と調子を合わせて、意見を合わせて、自分の言いたいことも言えない。そんな幸せならいらないわ。」
『電脳コイル』#07「出動!!コイル探偵局」より

以下、ネタバレが多分に含まれますので、ご了承の上でお進みください。




 バナナはお菓子に入れない計算だとか、自由研究の経費がお年玉一年分とか、相変わらず子ども目線のギャグをちりばめてる感じ。今回はイリーガルを追いかけて廃工場に行く話で、いろいろと設定を具体的な出来事を通して説明したようなものだった。ヒソヒソ声が聞こえるヤサコだってラストの展開に向けた伏線になっているし、イリーガルに関する都市伝説やイサコの嘘話だって、どれも後半の話につながってくる大事な足がかりになる。そんな話を自然なかたちで物語に沿って出してくるところが上手いと思う。

■キャラクターを表現するということ

「天沢さんに、幸せに生きるコツを教えてあげる。人を拒まないことよ。何でも一人でやろうと思っても、決してできないものよ。誰だって他人の力が必要なのよ。」
「あんたが他人を拒まないのは、相手のためじゃない。自分のためだ。友達と調子を合わせて、意見を合わせて、自分の言いたいことも言えない。そんな幸せならいらないわ。」

 イサコって絶対に「手伝って」って言わないよねw素直じゃない子だ…。ヤサコに対して「イサコって呼ばないで」って言うところとか、恐い作り話をするところとか、話の本筋には関係ないところでイサコのキャラクターがどんなものなのかを表現することが多かった。それはヤサコや他のキャラクターにも言えることで、利己的な発言をするガチャギリとか、リーダー格なのに周りの友達の言うことにばかり従うダイチとか、妙に友達との協調関係を作ろうとするヤサコとか、なんでもない会話や行動からそれぞれのキャラクターの「らしさ」みたいなものが無理なく自然に表現されているように思う。おそらく、『電脳コイル』のすごいところって第一にここなんだよね。上手い具合にキャラクターを演出しているって感じ。キャラクターの細かい設定を行っているのはもちろんのこと、そのキャラの見せ方が上手いって感じ。
 今回の話だって、イサコとヤサコを同じ部屋に閉じ込めることによって、互いの性格の違いを対照的に描くことができていたと思う。何度も友達になろうと誘うヤサコだけど、それを断り続けるイサコっていう対立軸がはっきりしていた。それに、以前の話の中で下駄箱でヤサコをイサコがやり込める会話があったけど、それと同じような場面がもう一度出てきた。キャラの一貫性が感じられるとともに、それぞれのキャラクターが互いに関わりあいながら内面の描写が行われるようでわかりやすいと思う。

■ヤサコに動機を与える展開

 前回にあったハラケンの話って、結局はヤサコたちをイリーガルに関わらせるための流れを作ることが目的だったんだね。単なるギャグ回ってわけでもなかったわけだw今後の展開としてヤサコをイリーガルと関わらせていかなきゃいけないんだけど、今のままじゃどうしても動機がない。そこで、ハラケンというキャラによってヤサコにきっかけを与えたかっこうになると思う。これも自然な物語の運び方だよね。



 キャラクター性の描写って、ややもすれば物語をスムーズに展開させるための道具立てとしての宛て付けみたいな感じになることが多いと思う。つまり、キャラに物語上で必要になる「役」をこなしてもらうっていうこと。だけど、それだとキャラクターが生きてこないんだよね。。言ってみれば、そのセリフを言ってくれれば誰でもよくなっちゃう。そうなると、キャラクターなんてあったもんじゃない。一方、本筋には関係ない部分でもキャラクターの会話や行動から「らしさ」を表現すれば、それはキャラクターが生きてくることになる。本筋に対しても、いろいろとキャラクターに動機を与えたりすることにもなるし、作品に深みが出てくるよね。やっぱり物語や小説の王道っていうのは、人物の内面描写だもん。この作品を見ていると、そこらへんの表現が丁寧に行われていてほっとしますw

テーマ:アニメ動画 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2010/03/17(水) 00:01:00|
  2. 電脳コイル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lizardofsuturn.blog40.fc2.com/tb.php/272-8986d455
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。