土星蜥蜴の「筆のすさび」

日々雑感。 アニメ文化に関する気ままな評論・感想を書き連ねます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2009年度アニメ総括―口当たりのいいスナックと化すアニメ―

 いよいよ新番組が始まりました。まぁ、初回を見た上での所感は別に感想を書くとして、まずは見まくってます。今のところ、あんまり気になるアニメはないかなぁ。。ここ数年来の不作が続いているような感じです。流星の如く現れるようなビッグタイトルもないし、威勢のいい活気ある盛り上がりを見せる定番アニメがあるわけでもない。2009年は見事なまでに小物ばかりだった。でも、今期に入って少しアニメ業界の流れが変わったようにも思う。お決まりお約束の類が少なくて、今期はオッパイ率が低いんじゃない?w新たな条例に関する問題に触発されてのことか、意欲作へと志向しているのか、どういった背景があるのかはわからない。けれど、何かしら変化の兆しがあるように思う。閉塞感の打開へと模索しているってとこなのかなw




 近年のシャフト台頭が象徴的なできごとだと思う。シャフト×新房監督の作品っていうのは、基本的に止め絵でキャラクターに動きがない。そして、カメラワークやカット割りに独特の工夫をこらすことによって表現を試みようというものだった。けれど、音だけ聞けばストーリーが理解できる点ではラジオドラマと変わらなくなっちゃうし、それは表現におけるセリフ偏重であるとも言える。従来のアニメーションとは作品の作り方からして目指すものが異なるんだよね。シャフト作品が劇場版サイズに明らかに向かないというのもひとつの特徴だと思う。
 それに、手がける作品の傾向も軽妙ながら癖のあるものが多い。いわゆる「大人向け」ってやつなんだろうか。今までの作品を並べれば『さよなら絶望先生』シリーズに『化物語』『夏のあらし』『ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド』『荒川アンダー ザ ブリッジ』などがあって、どれも深夜帯にやっているものだった。どれも悉く作中にネタを仕込んだものであって、本筋の内容にシャフトらしい付加価値を与えるというのがお決まりの手法のように思える。必ず原作付きのものをアニメ化するものであって、オリジナル作品は作ってないんじゃないのかなぁ。。
 その止め絵を中心とした制作の手法は量産化を可能としているのだろうか。やけに大量に作品を送り出しているんだよね。同じシーズンに二つの作品を平行してやるって、尋常じゃないでしょwシャフトってそんなに大きな会社だったっけ。。とにかく、品を変えては流れ作業の如くシャフト製のスタンプを押して量産しているように見える。原作があれば世界観やキャラクターを新たに作る必要性はほとんどないし、シナリオ面では短期間で作品に仕上げる上では好都合になるんだと思う。あとは映像面でシャフトらしく仕上げれば完了っていう感じ。
 需要があるからこそ成り立つ方法なんだろうし、テレビ尺に合わせて量産することで視聴者の乾きを潤すっていう意味では妥当なのかもしれない。ただ、作品が違うのに同じ作風でやりきってしまうっていうのも、微妙に問題がある気もするけどねwとにかく、シャフト作品って聞いただけで興味を持つ人はかなり多いと思うし、それだけブランドとして成り立っている部分は多いように感じる。
 だけど、いかにも日本のアニメらしい作品とは言えないと思うし、どうも作品というよりは商品と言ったほうがシャフト作品は適切なようにも思う。いや、商業アニメはすべて商品であるべきだっていう論理はわかる。確かにビジネスとして成り立たないアニメは作られることすらないだろうし、商業的な成功がなければ次の作品は作れない。問題は商業的な要素と作品としての本質をどうやって両立させるかであって、同一の作品の中にバランスよく両方の要素を盛り込む場合と、作品ごとに商業用とそうでないものとを分けて作る場合と、二つの方法があると思う。そんな中、シャフトは作品の本質の部分にはこだわりが見られないよねw軽妙さと斬新な演出方法に定評があるわけであって、中身は原作に依存している感じ。ってことは、大事な本質部分に関してはアニメを見なくても原作を読んだほうがいいわけだ。結局、シャフト作品の売りっていうのは本筋よりも中身よりも、あのネタの豊富さとカメラワークやカット割りといった演出の妙にあるんだと思う。

 こういったオリジナルの相手をしないシャフトが先頭に立ってアニメ界を颯爽と闊歩している姿は時代を象徴しているとともに、異様な感じがする。アニメはやっぱりオリジナル作品だ、と思っている身としては遺憾だねwこれじゃぁ、アニメの本分なんてあったもんじゃないし、原作頼みの作品なんて長続きしないよ。
 なんだけど、オリジナル作品を手がけてきたような大手の制作会社がシャフト的な方向に走り始めたのが2009年だった。原作付きで、ネタを多く仕込み、軽妙な感じで仕上げる。ツンデレキャラの氾濫やバンツや巨乳の過剰な描写が常になってきた。パッケージ化された作品は、調理済みの口当たりのいいものとして提供された。みんなファーストフード的なスナック感覚の作品になっちゃったし、手の込んだ作品は敬遠される雰囲気すらあったように思う。
 たとえば、『交響詩篇エウレカ』や『亡念のザムド』といったオリジナル作品に意欲的だったBONESは『東京マグニチュード8.0』で如何にもテレビサイズなコンセプトばかりが先行する作品を作ったし、『DARKER THAN BLACK-流星の双子-』ではキャラ属性や見え透いたネタばかりに固執してトリッキーさを演出しようとして溺れてしまった感じだった。オリジナル作品ではあるんだけど、流星の双子にはラノベ的な要素の影響が強く出ていたと思う。あの『サムライチャンプルー』を作ったmanglobeは『聖剣の刀鍛冶』という身も蓋もないどうしようもない作品に手を出していた。他の制作会社も足並みを揃え、AICは『にゃんこい!』、GONZOは『シャングリ・ラ』と『咲-saki-』、スタジオディーンは『生徒会の一存』などなど、軒並み軽い作品になっていた。一方では、ProductionI.Gも『君に届け』、GAINAXは『はなまる幼稚園』のように、有力な制作会社も原作付きの作品を手がけるようになった。こちらはさすがと言うべきか、安定した仕上がりになていたかな。。そして、マッドハウスが『サマーウォーズ』を出したことも象徴的ではある。監督が言うように公共性を追い求めたこの作品は、確かに高い評価を得て多くの人に視聴される作品にはなったようだけれども、中身は空疎なものだった。
 こうなってくると、いかに視聴者の求める内容を整理して提示することができるのかという面が強くなってきている。どんな視聴者を想定して、その人たちの好きな要素を盛り込むのかっていう部分に神経を尖らせていた感じ。アニメ制作の視点は視聴者の側にあって、どんな作品を作りたいのかといった制作側の意欲は極力抑えられたと思う。
 それに対して、『サマーウォーズ』で言うところの「公共性」は、対象を選ばずに見てもらえるような作品に仕上げたということだった。他の作品がオタク層やOL層や腐女子層といった限定的な志向を持っていることに反発するかのような方向性だとは思うけれど、視聴者の側に立って作品が作られることでは共通のものであった。

 2009年度産での意欲作はと言えば、皆無に等しい。サテライトは『バスカッシュ!』を手がけるも、制作の内部事情により空中分解的に後半部で失速した。新しいスポーツ的な要素を取り込み、ナイキとの提携もあって、本質的には宇宙やロボットやヒーローといったアニメの王道を行くものであり、試みとしてはオリジナル作品として優秀なものだった。のに、上手く行かなかったよねwProductionI.Gは神山監督のもとに『東のエデン』を打ち上げたし、これはこれで骨のある作品になった。だけど、中身は『攻殻機動隊S.A.C.』を再整理して焼きなおしたようなものだったし、砕けたキャラクターデザインと重厚なシナリオとの間にある温度差には埋めがたいものがあった。J.C.STAFFは相変わらずの手堅い作品作りが目立ち、どれも原作付きながら他社作品とは一線を画するものになっていたように思う。特に『とある科学の超電磁砲』はキャラ属性やネタを多く含みながらも、シリアスな内容やキャラクターの内面を描く表現などにも力を入れており、バランスの取れた良作になっていた。時代の流れに沿いつつも、上手いこと実の部分を織り込んだ感じがする。
 とは言え、それほど作家性に富んだ野心的な作品があったようには思えない。視聴者を置いてきぼりにするような突っ走る作品はまったくなかった。これが視聴者の読解力のなさや文化としての成熟度の低さやアニメに対する期待の低さを表すものなのか、それとも業界として骨のある作品を作り出す豊かさを失っているのか、そこらへんはよくわからない。視聴者の理解できないような先鋭的な作品を作ることが最善であるとは思わないけれど、あまりにも視聴者の理解にばかり基準を置いて作られた作品が濫立するのも好ましいとは言えないと思う。
 2009年度の作品に多く共通する特徴と言えば、口当たりよく表現は直裁なものを選び、視聴を継続させるために刺激の強い要素を盛り込み、軽妙なネタを多く含むことによって娯楽性を高め、類型的な作風・パターンを採用することによって商業的な安定を図る。まるでスナック菓子なんだよね。偏食というか、栄養価に偏りが出るというか、手軽に食べられてすぐ飽きるというか、安価で手間もかからないというか、スナック感覚でアニメが視聴されて作られるようになったと思う。思えば、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』において、シンジが自分の感情をすべてわかりやすく説明してしまうような表現方法を取ったことも記憶に新しい。

 こういった傾向はすべて視聴者の嗜好に合わせて作品作りが行われることに根幹を置いていると思う。アニメは1990年代には視聴者置いてきぼりの作品を作ることができたという、今では考えることのできない夢のような時代を体験をしている。それも先行の作品によって存在感を示してきたことの恩恵ではあるものの、『新世紀エヴァンゲリオン』をはじめとして『地球少女アルジュナ』や『無限のリヴァイアス』や『COWBOY BEBOP』や『Serial experiments lain』や『南海奇行-ネオランガ-』や『ブレンパワード』や『ガサラキ』や『機動戦艦ナデシコ』といった一癖も二癖もあるような意欲作が次々に発表されたことは懐かしい。ここらへんの作品群は今でも繰り返し見直されるほどだけど、作品作りにおいては制作側に主体があったように思う。誰があんなにグロいエヴァの捕食シーンを望んでいたって言うの?w2009年度産の作品の中に、10年経っても見直されるような作品があったかと言えば、何も思いつかない。それだけ口当たりのいい作品が増えたってことだと思う。商業的にはある程度の成功が保証されるような手堅い方法で製作を行っているのだろうけど、これでは純然たる作品としては後世に残るようなものにはならない。しかも、そういった本質的な要素を上手いこと作品にすべりこませるわけでもなく、完全に捨てきってしまっているところが非常に残念でならない。アニメの飽和状態が叫ばれる上では、何か新しい機運の萌芽を読み取りたいけれども、アニメの「らしさ」を捨てるようでは埒が開かないんじゃないのかなぁ。。どうだろ。2009年度のアニメは暗澹たるありさまだった。

テーマ:見たアニメの感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2010/04/06(火) 05:09:12|
  2. アニメ時評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lizardofsuturn.blog40.fc2.com/tb.php/278-91f00739
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。