土星蜥蜴の「筆のすさび」

日々雑感。 アニメ文化に関する気ままな評論・感想を書き連ねます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『HEROMAN』#04「タマ」の感想。

「あぁ、ナンセンスだぁ。こんなこと、ナンセンスだぁ!!」
『HEROMAN』#04「タマ」より

以下、ネタバレが多分に含まれますので、ご了承の上でお進みください。




 自虐ネタって感じだねwこの作品ってギャグアニメだったっけ…、と思わせるような内容だった。もはやツッコミどころ満載なため、細かいところまで言及するのはやめにしておこうwナンセンスと言えば、いまどき技の名前を声高に叫ぶのもそうだし、地球を侵略する方法として「タマ」を転がすだけっていうのもそうだし、むしろこの作品はナンセンスさ加減を楽しむものなのかもしれない。これって何話構成なんだろうか…。4話経過した段階で早くもたるみかけているってことは、当然26話以上は見込んでいるんだよね?w

■ギャグなのかナンセンスなのかシリアスなのか

「あぁ、ナンセンスだぁ。こんなこと、ナンセンスだぁ!!」

 今回はかなりギャグ要素というか、ベタな感じの突っ込み待ちな表現が多かったように思う。というか、意味もなく悪役として設定されてしまった不運な敵役が、偶然にも通りかかった正義の味方と呼ばれる存在にパンチされたり電撃をくらったりして、遠くに飛ばされて星のように光るっていうパターンのアニメみたい。だけど、そうとも成りきれず…。典型的な勧善懲悪モノをやろうとしているんだろうけど、どことなくギャグ要素というか自分のやってる内容そのものをバカにしちゃうような癖が出てきているように感じた。
 たとえば、ヘボ研究者ことマシュー・デントンがタマのトゲを見て、あまりのご都合的な能力に「ナンセンス」と叫んだことが自虐的だった。思えば、あのタマだってどこかのタマを街の上で転がすゲームを連想させるものだし、ヒーローマンがそのタマに押しつぶされたときにアニメ的な人型の溝ができる構図はギャグでしかなかった。あれだけの衝撃で崩落するような地面であれば、何もせずともタマは自重で落ちただろうと思う。あんなタマで地球を侵略しようとする侵略者のどこにオーバーテクノロジーを感じるのだろうか。スクラッグのリーダーが最初に「第二段階」と言っていたのに、いつのまにか「第三段階」と言っていたのはなんだろうか。なんら実のない会話をするためにリーダーがウィルたち侵入者と対面したことには何の意味合いがあったのだろうか。極めつけは、ウィルの表情。一度だけこの作品のコードにそぐわない表情したでしょ。。あれって、完全にギャグ路線の作品で使われるような表情だと思う。っていうか、なんだか違和感があった。

「私には責任があるんだ。この街の、いや、全世界の人々に、少しでもその責任を果たす義務があるんだ!」

 加えて、マシューの口八丁な使えない分析に対して冷静な突っ込みをしていたジョーイとサイなのに、いざこのセリフを聞くと神妙になってしまうのもご都合的だと思う。このマシューのセリフが如何に無責任かつ具体性のない空論であるのか、突っ込み待ちとしか思えないwなのに、真面目に聞いちゃうんだよね。。「この戦いの鍵を握るのはヒーローマンだ。」という、これまた根拠のない発言に対しても、妙に押し黙って突っ込まないし。ジョーイがヒーローマンを手に入れたことの責任をどのように考えるのか、それを突いた発言ではあると思う。けれど、なんでマシューに言われなきゃいけないの?もっと違う見せ方があったと思うなぁ。。
 そして、不自然にギャグを連発するおばあちゃんっていうのもいたwスクラッグの本拠地を「キノコのお化け」と形容することはまだしも、「おいしそう」ってなんだよ!wあの不思議な存在の意味がわからないww
 ギャグを入れるなら明確に織り込まないと微妙だよね…。かと言って、シリアスな部分は迷走しているし。。このアニメってどうやって落とすんだろうか。。。

■真の敵役

 スクラッグって見れば見るほどゴギブリだよねw人類とは別の種族が成長した可能性として、昆虫を考える設定っていうのは他の作品でも見かけた。確か『ドラえもん』の劇場版の中でも進化した昆虫が出てきたよね?どれだったか忘れたけど…。それに、『神秘の世界エルハザード』のバグロムも昆虫っていうか蟻だった。どこが原点なのか知らないけれど、この敵役の姿から言ってベタな感じが漂う。
 それにしても、このスクラッグっていかにも弱そうだよねw確かに武器はオーバーテクノロジー的なものによって強そうな感じがするけど、侵略の際の戦略であるとか方法っていう面では知性を感じない。ただヒーローマンに対抗させるための位置が与えられているに過ぎない感じだし、単なるバカな侵略者ってレッテルが貼られそうな…wこのままギャグ路線を突き進んで、殴られたら遠くに飛んで星となるスキルを身につけるべきだよww
 そんな中、やっぱりウィルが真の悪役としてなりあがるのかなぁ。。ジョーイみたいなヒーローは認めない⇒俺がアイツを倒してヒーローになるんだ⇒いつのまにかスクラッグの手先に…、みたいな流れが想定される。

■ヒーローの観客でしかない未成熟なジョーイ

「ウィル…、何をするつもりなんだい?」
「言っただろ?ヒーローになるのは俺たちだって。」
「基地に忍び込んだからには、もう立派なヒーローだと思うけど…。」
「そんなんじゃダメだ!!」
「じゃぁ、どんなんだといいのさ…。」
「知りたいか?あいつらの武器を奪う。あいつらまとめて、やっつけてやる!」

 う~ん、ヒーローってのは誰もが憧れる存在で、敵をやっつける救いのヒーローで、人助けを行う責務がある。今までの内容からして、そんな感じでまとめられるだろうか。ついつい、いつも救い料を要求してくる「ぶりぶりざえもん」を思い出してしまったw
 なんていうんだろう、今のところヒーローに関してはセリフばかりが先行して、何ら具体的な行動によってヒーローとは何なのかっていうのを示した場面はなかったと思う。ヒーローって他人が認めるものであって、決して自分で自分をヒーローだと考えるようなことないよね。だから、通常で考えれば行動こそヒーローのヒーローらしさを証明する唯一の手段であって、それを周囲の人間がヒーローとして賞賛するっていうのが鉄則なんじゃないのかなぁ。。なのに、彼らは今のところ自分からヒーローに憧れていて、そして基本的には自分と自分の周囲の人間しか助けていない。ちょっと、なかなか掴みづらい。けれど、もしかしたら、それがヒーローマンの新しいところなのかもしれない…、かな?w要は、自他ともに認めるヒーローに成り切ったヒーローを最初から描くのではなく、ヒーローに憧れる少年がヒーローになっていく過程を描くことがこの作品の目的になるんだろうか。。まぁ、今後の展開を見ないとなんとも言えないが…。

「ヒーローマンが…、ヒーローマンが諦めるなって…。一緒に戦おうって、言ってる!!」

 考えてみれば、初回のときからジョーイはヒーローという偶像に憧れを抱いていたし、今回もヒーローマンの勇姿を見ることによって自分も戦いに参加しなければならないという意志を導いていた。最初は「もういいよ!」とあっさり諦めていたにも関わらず、ヒーローマンの劣勢から立ち上がる姿に感化されたのか、一緒に戦おうと決めるんだよね。とは言え、自分が前に立って戦うわけでもなし、どうやらジョーイの体力か精神力をエネルギーにしてヒーローマンは活性化することになるため、ジョーイはエネルギー面で一緒に戦うということになるのかな…wヒーローマンに手を引かれながら、次第にジョーイが自分の力でヒーローとして行動できるように成長してくれれば御の字だ。
 でもさ、負けそうになるヒーローマンを見て諦めるジョーイの姿ってのは、なかなか身勝手だったよね。彼にとってヒーローとは「かっこいい」ものであって、その姿が崩れそうになると一気にヒーローマンと一緒に戦うことを否定してしまった。ジョーイはヒーローマンにかっこよくあってほしいわけで、負ける場面は見たくなかったのかもしれない。そこれへん、まだジョーイが先頭に立って戦うのではなく、ジョーイはヒーローを見る観客でしかないことの証だと思う。まだまだヒーローとして成熟していない。



 なんだろう、あのウィルの表情ってグレンラガンあたりで見た気がする。でも、この作品には合わないと思うんだよねぇ。。一気にウィルのキャラが堕ちてしまった。っていうか、軍の介入がないんだよねwまったくのナンセンスだww

テーマ:HEROMAN - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2010/04/22(木) 22:00:00|
  2. HEROMAN
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lizardofsuturn.blog40.fc2.com/tb.php/292-c2cd4538
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) HEROMAN 第4話 「タマ」

HEROMAN 1 (ガンガンコミックス)クチコミを見る 「自分こそがヒーローだ!」その想いに駆られたウイルはニックをつれて、スクラッグの武器を奪うべく敵のアジトへと潜入する。一方、ジョーイは祖母を避難所に送り届けると、情報を求めてデントンの元へと向かう。かたや、...
  1. 2010/04/28(水) 01:45:09 |
  2. ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。