土星蜥蜴の「筆のすさび」

日々雑感。 アニメ文化に関する気ままな評論・感想を書き連ねます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『四畳半神話大系』#01「テニスサークル「キューピット」」の感想。

「秋になれば我々は出雲に集まって、男女の縁を決める。ここに君の知っている明石さんの名前がある。そして、こちらに君と小津の名前…、わかるかい?」
『四畳半神話大系』#01「テニスサークル「キューピット」」より

以下、ネタバレが多分に含まれますので、ご了承の上でお進みください。




 正直、これをアニメでやることの意味がわからない…。そして、これは湯浅監督のもとでやるようなものなんだろうか。。そりゃぁ、中身はそれなりに楽しかったさwセリフの言葉選びの巧みさとか、既存の作品を下敷きにしたユーモアあふれる表現とか、それはそれで面白いと思う。でも、致命的に動きがないwそして、何とか湯浅さんらしい観念的な画面構成を展開することでアニメっぽくはなっている。どうなんだろうなぁ…。アニメの新しい境地を開拓するフロンティアになるのか、あるいは単なる流行に乗っただけの本質を見失った一過性の作品になるのか、微妙だなぁ。。。

■映像と内容のちぐはぐさ

 そりゃぁ、湯浅監督の作品と言えば『カイバ』『マインドゲーム』『ねこぢる草』(監督は佐藤竜雄さん)『ケモノヅメ』などなどアート性の強いものが多かった。というか、観念的な世界観を描くことが好きそうな感じだよね(^_^;)やっぱり画面構成は独特だし、その内容もファンタジックだったり現実を離れた場所で展開されるものだった。脚本にも手を出していて、やっぱりそれも観念的な内容になる傾向が見受けられる。作画と内容ともに揃った作品を自ら送り出す稀有な監督だと思う。一般的にも評価は高いし、いかにもアニメの最先端を突き進んでいるような監督だと思う。
 なのに、今回の神話大系はと言えば、怒濤の如きセリフを立て板に水を流すように脈々と綴る性格を持つし、その内容も大学生活を舞台に描かれる恋愛ものだった。ちょっと、どうして湯浅監督なのかわからん。。この類の作品はシャフト×新房監督に持っていくのが妥当な気がするんだけど…。それと言うのも、今回の映像表現はいかにも湯浅監督だなぁと思わせる場面もかなりあった。特に「私」の回想場面がそうだったかなぁ。。あの観念的な感じがまさしくそうだよねwそこらへんは上手いこと演出できていたと思う。けれど、猫に小判というか、鶏を割くにいづくんぞ牛刀を用ゐむというか、内容と映像がちぐはぐな感じはした。やっぱり中身からすれば、シャフト作品の系列に近い気がする。

■ミーハーな企画なのか

 言ってしまえば、恋愛に不慣れなモテない男子が不器用にも恋に手を出す典型的なストーリーなんだろうけど、それをセリフによって飽きさせない内容にしているところはスゴイと思う。でも、動きなし、セリフばかりとあっては、どうにもアニメというメディアの特性を生かすも何もなくなってしまうんじゃないのかなぁ。。そもそも、アニメ化することの必要性すら疑われる。だって、あの早口のセリフを聞いて、どれだけの人が内容を理解できたと言うの?アニメは立ち止まって理解できるまで読む動作が不可能なメディアなんだから、漫画とは違ってちょっと無理でしょ。
 とは言え、テレビアニメの飽和状態が叫ばれる中、ノイナミナ枠の主力として期待される作品ではある。従来のアニメらしいアニメではなく、新しい視聴者層を狙った作品として、あるいは新しいアニメの可能性を模索する作品として、その経過と結果は注目されるべきものではあると思う。が、従来の感覚からすれば、アニメらしくないし、アニメでやる必要性を感じない作品ではある。
 でもなぁ…、初回の素直な感想としては滑った感が…wいや、ウケはよっぽどいいと思うよ?wそれこそ、『サマーウォーズ』が一般に広くウケたのと同じ理由で、この作品も評判はいいと思う。でも、『さらい屋 五葉』のほうが従来のアニメの文脈とも連続性があって、安定したアニメらしさを感じてしまう。加えて、あっちは視聴者層は新しいところを開拓するような内容も含むし、無難にフロンティアを進んでいるように感じる。かたや、神話大系はただ商業的に注目度とかを考えて、アニメらしさを徒に横っちょに置いて企画されたような、ミーハーな感じがしてしまう。アニメの新たな一ページを…、とは行かないんじゃないのかなぁ。。



 大島ミチルさんが音楽なんだぁ。。他のスタッフさんを見ても、なんだろ、実力派的な人があっちこっちから結集されているように思う。さすがフジテレビの陣頭指揮によるものだなぁwこのコラボレーションがいい方向に働くのか、それともギクシャクとしたものになるのか…。ビッグネームを揃えただけの作品にならないことを祈る。ちなみに、この作品は感想を書いて追いかけず、ただ見ることにします。アニメ作品の文脈から評価するような中身でもないし、湯浅監督の作画についてはそちらに詳しい人にお任せしたほうがいいと思うので…。

テーマ:見たアニメの感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2010/04/23(金) 03:34:18|
  2. 四畳半神話大系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lizardofsuturn.blog40.fc2.com/tb.php/293-6a750f07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。