土星蜥蜴の「筆のすさび」

日々雑感。 アニメ文化に関する気ままな評論・感想を書き連ねます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2010年-春-新作アニメの寸評(序盤)

 さて、『四畳半神話大系』も初回を向かえ、今期のアニメは出揃ったところだと思います。ってことで、三話や四話を迎える作品も多い中、序盤の寸評をまとめます。さて、初回からの勢いはどう変わっているのかw今期は頑張って新作アニメを多めに見てるからちょっと大変なんだな。。特に木曜日wなんであんなにアニメが集中してるんだろうかwそれでは、ゆるりと感想を書いていきましょう。

前回:2010年-春-新作アニメの寸評(初回)

《対象作品》
■閃光のナイトレイド
■けいおん!!
■迷い猫オーバーラン!
■RAINBOW-二舎六房の七人-
■会長はメイド様!
■B型H系
■HEROMAN
■さらい屋 五葉
■四畳半神話大系
■デュラララ!!
■Angel Beats!
■いちばんうしろの大魔王
■薄桜鬼
■Working!
■荒川アンダー ザ ブリッジ
■最強武将伝 三國演義
■裏切りは僕の名前を知っている
■GIANT KILLING

以下、ネタバレが多分に含まれますので、ご了承の上でお進みください。




■閃光のナイトレイド

 う~ん、やっぱり「残念な攻殻」とか「残念な黒の契約者」っていうのが言い得た表現だと思う。ただ超能力を使ってアクションしているだけで、特にキャラクターの内面をどうこうする場面がほとんど見られないんだよね。上海を舞台に裏で暗躍する諜報組織っていうのも、なんとなく箱庭で攻殻ごっこをしているように見えてしまうw何かしら取り柄があるわけでもなく、物語が浅い感じ。
 特に、これからお兄ちゃんとの一件で取り上げられるであろう雪菜に感情が乗らない。そもそも、メンバーの間で人間味を感じられるような会話が少ないため、キャラクターの性格や考え方が見えてこない。第二話で扱ったヴァイオリニストの話についても、ゲストが自分の音楽に対する情熱を語っただけで話が浮いてしまった。ただ諜報組織の「お仕事」を淡々と描いているようにしか受け止められず、アクションの作画についても下火になってきているように感じる。

■けいおん!!

 ちょっとやりすぎ感が…。主要キャラクター五人の可愛さをいろんな角度から表現するのはいいんだけど、あまりにもそういった部分に特化しているためか媚びているように感じてしまう…のは気のせいかな。。そんな可愛さアピールと物思いにふけるシリアスな場面とのバランスはいい感じなんだけど、どうしても鼻についてしまう。いやいや、ギャグ要素もいいしテンポよく進むしで、何の文句なく楽しく見ていますよ。さすが京アニクオリティー。

■迷い猫オーバーラン!

 いろいろと崩壊気味wあんな典型的かつギャグネタでしか使えないようなツンデレ娘をシリアスな場面に持ち込んだ意味がわからない。ただのギャグ要素としてしか使えなさそうなのに、それを生い立ちだの恋愛に対する引け目だのと妙に記号的な感情のやり取りを行った時点で理解できなくなった。ハーレム展開の中でエロゲ的な方向性を目指しているのかもしれないけれど、そういった素養はないので付いていけない。

追記:訂正します。#04はテンポよくオチよく緩急よく、最高の仕上がりでした。さすが大地監督…。っていうか、これって監督レイプの作品だったの?w他の監督ってプレッシャーでしょ。。監督の違いによって、これだけ作風が変わってくるとは面白い。そういった面で、演出や絵コンテ的なものを比較するのにはもってこいの作品になるかもしれない。

■RAINBOW-二舎六房の七人-

 こういった内容の作品をアニメの企画として立ち上げただけでも評価するべきことかもしれない。看守の石原に投影される人間の残虐性と、時代背景から生じた罪悪を背負う少年達のやりとりがいい感じに描けていると思う。が、そういった社会的な問題を扱うように見えて、獄中での人間ドラマに焦点を絞って扱っているところが微妙かな。もう少し、なぜ彼らのような罪悪を背負った少年が生まれたのかといった社会的な問題にスポットをあててもいいように思う。悪の根源がどこにあるのかとか、罪と贖罪がどのように課されるのかといった視点を持ってもいいと思う。このままでは、石原を悪役として、それに立ち向かう青少年の青春群像でしかなくなってしまう感じ。

■会長はメイド様!

 とにかくテンポが悪い。キャラデザも微妙に好きになれない。メイドと会長の二重生活を描くのかと思いきや、今のところはメイド場面が八割くらいに感じる。ギャグと恋愛を適当に散りばめながら、メイド萌えとは何たるかを示しているんだろうか。淡々としすぎていて、中身も特徴がなく、別にこのアニメをわざわざ見る必要もない感じがする。ギャグも微妙だし、ラブコメにも成りきれず、パロディーでもなく、何にしても中途半端でどうしようもない。

■B型H系

 勝手にやってくださいw演出面では割りといい感じなんだけど、如何せん内容が…wwドタバタなラブコメとしては遜色のない感じながら、ちょっともったいない気もする。わざわざこんな内容を取り上げなくてもいいのにw

■HEROMAN(⇒感想

 はぁ。毎回見ながらタメ息をついてしまう。詳しい感想はリンクからどうぞ。誰もが憧れるヒーローとして活躍する物語を描くのではなく、憧れのヒーローへと自分自身が成長していく過程を描いているのかもしれない。それを新しいヒーロー像と言われても、それはアメリカでの話ではないのかと思う。日本のアニメでは、そもそも単なる人助けをするヒーローが成り立たなくなっている中で、こういった作品をやることの意味はどこにあるんだろうか。

■さらい屋 五葉(⇒感想

 意外にも好調。主人公の政之助と五葉のリーダーである弥一の好対照が上手いこと機能していて、見応えのある内容になっている。社会の中でどのように自分を表現していくのか、そういった個人と社会の関わりを考えるものとして見ることもできると思う。弥一の率いる五葉は社会を逸脱したアウトロー集団であるという中で、政之助は規制を受けつつも社会の中で全うに生きるか、五葉に入って社会から外れて自由に生きるのか、その選択を迫られることになるんだろうか。これからの政之助の生き方が注目される。

■四畳半神話大系(⇒感想

 湯浅監督のやるべき仕事じゃないよね。早口なセリフや言葉選びの巧みさからくる面白みは十分にあったし、作品そのものとして楽しめると思う。けれど、これをあえてアニメ化する必要を感じない。別に動かないし、しゃべってるだけだし。そんな作品に対して、どうして湯浅監督なのかがわからなかった。こういう類はシャフト×新房監督の領分だと思う。確かに湯浅監督らしい画面構成もあって面白かったけど、それは他の作品でやるものだと思う。

■デュラララ!!(⇒感想

 相変わらず絶好調。登場人物それぞれに物語を用意していながら、ひとつの事件を中心に物語を集約させる脚本・演出は妙技としか言いようがない。上手いこと話をまとめることもさりながら、それぞれのストーリーの演出が冴え渡っていると思う。内容としても人形を愛でる偏愛に始まり、虚実の交錯やアイデンティティの問題など、充実した骨のあるところを見せてくれて飽きない。

■Angel Beats!

 無味乾燥。映像はキレイだし、なんだか賑やかなので見る。ハルヒ的な主人公に、ゲーム感覚の世界観となると、どうしてもオリジナリティーに欠ける。これからの展開でどのように「死」を扱うのかが楽しみなところだけど、今のところは別に何も取り上げるような部分はなかった。主要キャラクターの生前の記憶が明かされつつ、次第にキャラクターが成仏していく展開になるんだろうけど、その成仏に対する生き残った面々のリアクションが薄いのも微妙なところ。特に目立った内面描写もない上は、単にスナック的な充足感を与えるだけの作品にしか見られない。

■いちばんうしろの大魔王

 ギャグアニメとして安定感バツグン。リラダンのころねは大ヒットですw「やや。」のイントネーションが絶妙だよね。。やっぱり悠木碧さんは好きだ。あっちこっちにギャグやパロディーを散りばめるのもいい感じだし、油がのっていると思う。とにかくテンポがいいので、見終わるのが早いし、何度も見返してしまい、どうも病みつきになった感じがあるw

■薄桜鬼

 なんだ、腐臭しかしてこなくなった。初回はいい感じに内面の描写もあって期待していたんだけど、蓋を開けてみれば単なる東池袋の住人が好むような内容だった。もはや見続ける理由は桑島さんが声をやっていること以外になくなってしまったw初回あたりでゾンビみたいなのが敵として登場してきていたけど、それも今のところ出てこなくて、話が飛んでしまっている。初回だけチラ見せして、そのまま何もなしっていうのは演出としてどうなんだろうか。。もう少しやりようがあったように思う。まぁ、傷の治癒能力とかで少しずつ出てきてはいるんだけど…。

■Working!

 何にもならねぇ。会長はメイド様!と同じような感じがする。ギャグにしても消化不良だし、ただバイトしているだけで、ロリ要素とか刀とか男嫌いとか変な設定を用いているだけに見える。世界観が狭く、キャラクターも少ないため、ほとんど物語が生まれない。

■荒川アンダー ザ ブリッジ

 ああ、これぞシャフトのあるべき姿。荒川の橋の下に広がるファンタジーを舞台に、小気味いいギャグが展開されていて気持ちいい。とは言え、シャフト作品はシャフト作品。それ以上でもそれ以下でもないw

■最強武将伝 三國演義

 見る気がしなくなってきた。あまりにもストーリーの端折り方が乱暴だし、見せ場がどこなのかわからずものすごいスピードで本筋をひた走っているように見える。やっぱりアニメというメディアの特徴を理解していないのか、見せ方が下手な感じがする。

■裏切りは僕の名前を知っている

 え、付いていけないw超展開過ぎるwこれも腐臭が漂う作品ではあるが、それ以前にストーリーの展開がよくわからない。何も説明のないまま物語が進んでいくので、今のところは何がなんだかわからないまま見続けている感じ。セリフが思わせぶりなんだけど、まだ何の裏打ちもない状態でのセリフだから浮いてしまう。

■GIANT KILLING

 本命かな。原作がいいってだけなのかもしれないが…。単にサッカーのゲームを描く青春スポーツな内容ではなく、練習のときのいざこざや人間ドラマといったものを取り上げていて面白い。



はぁ、なんだかコメントするのが疲れてきたwこれだけたくさんの作品を見ていると、さすがに疲れるね。。少し削ろうかなぁ。。次回は最終回を迎えるであろう六月の末にまとめの感想を書きます。

テーマ:見たアニメの感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2010/04/27(火) 00:01:00|
  2. アニメ四季報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lizardofsuturn.blog40.fc2.com/tb.php/297-2fab448d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。