土星蜥蜴の「筆のすさび」

日々雑感。 アニメ文化に関する気ままな評論・感想を書き連ねます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『さらい屋 五葉』#07「野暮でござった」

「話の向きを変えたのが、わからねぇのかな…。」
「それがし、野暮でござった。」
『さらい屋 五葉』#07「野暮でござった」より

以下、ネタバレが多分に含まれますので、ご了承の上でお進みください。




 今回は弥一の過去に迫りつつ、政之助の憂鬱を描いた感じ。この回になって、ようやく畳の美しさに気付くwあれってスゴくない?畳の目まで描かれてるし、独特の色合いも雰囲気を出していた。こういう細やかな気遣いのもと、この作品独特の世界観が支えられているように思う。今シーズンで一番順調な作品だなぁ。。今期は『四畳半神話大系』と言い、ノイタミナ枠がスゴいことになっているw活気があっていい感じ。

■弥一に自分の理想像を見て取る政之助

「おめぇさん、素性を知りたがってたが…。どうだ、満足したか?」
「弥一殿が賊の出であろうとは、薄々と…。でも、それだけではないように思えたので…。ただの賊の出というわけではないような…。」
「それがし、また、何か?」
「いや…。過去はどうでもいい。昔と今だったら、俺は今のほうが好きだ。常にそう思って過ごしたい。だから、今を楽しむ。ただ、それだけだ。」

 相変わらず、政之助は野暮ながら鋭いようで…。弥一も「どうだ、満足したか?」という皮肉めいた言い方は、政之助の初心な心根をからかってる部分があるんだろうなぁw政之助の純粋で初心な性格が強調されつつある一方で、物語が進むにつれて弥一の闇の部分が深まっていく感じがする。その対比が上手いこと描出されていて、よかった。
 それにしても、弥一の持っているものは本当に余裕なんだろうか。単に、「過去はどうでもいい」と切り捨てているだけじゃないの?何事にも囚われないで飄々としているのも、どことなく慣れた風で振舞う姿も、何か重々しい過去との決別があってのことのように思える。その過去というのが、養子に出された家でのことなのか、そこからグレて賊の一味になったことなのか、どっちなんだろうか。
 そこらへんに関しては、政之助も鋭い突っ込みを入れてないんだよねぇ。。実のところ、弥一の風情は余裕じゃなくって、諦観にも似たような感覚だろうと思う。でも、政之助はそれを余裕であると感じているらしい。そこに、ちょっとしたズレがある。つまり、政之助の視線からでは弥一は余裕のある人物として映るわけで、とりもなおさず政之助の理想の人物像を弥一にあてがっているのかもしれない。政之助の願望が実際の弥一の姿に色を付けているようにも見えるんだな。それだけ、政之助は弥一に憧れているんだろうと思う。
 そんな政之助もご隠居に言われて、弥一のことを注意深く観察するようになった。純粋な政之助はそれを隠すことができず、弥一と立会いで向き合ったときに後ろ暗さが出てしまっていたwそれを見抜いた弥一は、政之助に「構えている」って突っ込むんだよね。。弥一はどこまで政之助の背後にあるご隠居たちの洞察を見抜いているんだろうか。
 さて、政之助も弥一の過去を知る八木ともつながりを深めて、今の弥一の子守役をしていた本物の弥一の墓にも行った。次第に弥一の過去に迫ってきている感じ。本物の弥一が夜中に過って井戸に落ちたっていうのは本当なんだろうか?そこにも何か家の問題が絡んでいるように思えるし、あるいは、今の弥一を嵌めたことを責めての自殺だったのかもしれない。そこらへんがどう描かれるのか、楽しみなところ。

■相変わらず情けない政之助

「過去はどうでもいい…と、それがしも思えるようになればよいのだが…。さすれば、郷里に戻ることも平気になるし、武士らしくないと言われるこの性格だって、少しは…。」

 久しぶりに政之助の内面が出てくるような内容だった。最初の二話分くらい以来になるのかな?それからは弥一の過去とか梅の過去とかが中心になって、政之助は聞き役って感じだった。今回はちょっとだけ政之助の過去に触れられて、相変わらず情けない政之助の姿が描かれていたw弥一の余裕に憧れる点では、過去から見て成長していないどころか、第一話から考えても成長していないってことかな?wただ、政之助の考えている「過去はどうでもいい」は情けない自分の過去と決別したいという思いであって、弥一のそれとは別物と見たほうがいいよね。ここらへんの憧れてばかりのところも、なおさら情けない感じが漂うw

「それがし、郷里にいたころから、何も変わっておらんではないか…。変われぬのだ。そして、しっかりしろと一生笑われるのだ。昔と同じまま…。」

 ずっと自分はダメだって自己暗示をかけているだけに見える…。少しは変わろうと八木の元で鍛錬しようと決めたみたいで、そこから弥一の過去も踏まえつつ政之助の成長と自立が描かれるのかなぁ。。どうやら対人恐怖症があるみたいだけど、どうやってなおすんだか。。最終的には弥一と決闘する展開だったら熱いなぁw



 次回は松吉の過去回みたいだ。そして、その次はおたけの過去が来るとして、ちょうどラスト三話が残る寸法になるのかな?最終的には弥一と政之助の対比をどうやって解決するのかっていう部分で落とすんだろうと思う。ここまで来て、今期一番期待の作品になってきた☆

テーマ:さらい屋五葉 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2010/05/30(日) 00:01:00|
  2. さらい屋 五葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lizardofsuturn.blog40.fc2.com/tb.php/313-dd62451d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。