土星蜥蜴の「筆のすさび」

日々雑感。 アニメ文化に関する気ままな評論・感想を書き連ねます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『ホッタラケの島―遥と魔法の鏡―』の感想。

「昔はすごく大事にしてたのに、いつの間にか、なくなってるものってない?」
『ホッタラケの島―遥と魔法の鏡―』より

以下、ネタバレが多分に含まれますので、ご了承の上でお進みください。




 主人公の遥の表情や動きたるや、良し!!惜しいかな、シナリオの文脈欠落、他の人間キャラクターの表情、整然とし過ぎる絵柄。確かにCGアニメとして有効な表現は見られたけれども、そんなことに拘泥してセルアニメの良さを失うくらいだったら必要のないものだと思う。ピクサーのやっていることを日本でもってことなんだろうけど、奇しくも日本のアニメにCGが必要のないことを証明したような感すらある。皮肉なもんだ…。というより、内容は至って日本的な発想にも関わらず、表現の方法としてCGを使っているところに、少なからず齟齬が生じていたように思う。そこらへんの不一致に対して苦慮があったんだろうか。作りこみが足りなかったためなのか、もとより釣り合わない表現方法なのか、原因はわからない。けれども、もうCGはやらなくっていいよって感じw手間だよw遥が着ていたシャツの襟が、最後まで糊の利いた皺のない状態でいたことが気に喰わない一例でもある。CG独特の滑らかで大胆なアクションが見られる一方、そういった細やかな部分でのリアリティは却って損なわれていた。やっぱり、日本のお家芸と言えば、省略で、デフォルメで、観念的で、認識的で、印象的で、象徴的で、そうやってリアリティを表現することにあると思う。能のお面しかり、絵巻物のスタイルしかり、借景しかり、見立てしかり。いくら画面の中で現実に即した表情の動きや筋肉の躍動を描いたところで、結局は虚構でしかない。初めから虚構だと理解したうえで表現されることのほうが、却ってリアリティが出ることもある。CGを使うことによって、むしろ想像の幅が制限されてしまっていたようにも思う。シナリオ面で言えば、伝統的な異世界訪問譚の形式を取りつつ、無難なメルヘンでファンタジーな物語になっていた。如何せん、明らかにカットしたと思われる部分があり、文脈の欠ける箇所が様々に見られた。その分、詰め込まれた内容になっているのかと言えば、淡々として冗長に感じる場面のなかったわけではない。緩急の付け方に不満が残る。映像面でもシナリオ面でも、もっと伸びるだろう要素が垣間見られるだけに、惜しくもあり、残念な感じの作品だと思った。同時期に公開された『サマーウォーズ』に比べれば、よっぽど潜在的かつ重層的な中身を持っているように思う。惜しむらくは、あんな意図的に簡略化されたスナック感覚の作品が、より上位に評価されることなんだろうか。何につけても、一歩届かず、惜しい。中途半端な感じ。

■思い出を取り戻す旅=アイデンティティー確立の旅として

「大事だったものでも、ホント、どっかいっちゃうんだよねぇ。」
「思い出もそうかな?」

 話の骨子は遥が母親の忘れ形見である手鏡を取り戻すことにある。そして、問題になるのは、そんな大事なものでさえも「ホッタラケ」にしてしまっていた遥の気持ちにあり、あくまで手鏡を取り戻すことは具体的な現象でしかない。実のところ、手鏡を取り戻す遥の旅は、遥の思い出を取り戻す旅と同義のものだったと思う。実際に、遥が手鏡の中で母親との思い出を回想している場面が描かれていたし、遥は手鏡を取り戻すと同時に思い出も取り戻していた。そんな精神的な回想を経ることによって、遥のちょっとした成長が描かれている点がジュブナイルとしても成立する要因だったと思う。
 序盤の遥は些細なことで父親とケンカをする不安定さを見せていたが、再びこちらの世界に戻ってきてからは父親と仲直りをしていた。この仲直りに関しても、ちょっと文脈が欠如しているかなぁっていうところだねwまぁ、失いかけた母親との思い出を取り戻すことは、彼女自身のアイデンティティーの構築や回復を図るものとして機能していたし、そこで精神的な安定へとつながったと解釈するべきなんだろうか。具体的なことを言えば、過去の回想によって父親の悲しみを知り、同じ悲しみを共有できているということを知らされたことが原因とも考えられるけれど、一方では現在の彼女につながる思い出を取り戻すことがアイデンティティーの補強につながったことも確かだろうと思う。そんな自我形成の過程が具体的な描写によってわかりやすく描かれていたところが良かった。

■典型的なパターンに寄りかかり過ぎなシナリオ

 やりたいことはよくわかる。遥が「あっち」の世界に行って成長してから戻ってくるという典型的なパターンだし、「あっち」からすれば遥は変革をもたらす「客人」として機能していたわけだし、遥とともにテオの成長を描くジュブナイルとしても成立していたし、どれを取っても王道を行くファンタジーだったと思う。「あっち」に行くことによって、「こっち」での自己と切り離した新たな自己を再生することが可能となり、そこで成長を遂げて「こっち」へと帰るパターンは多くの作品に共有されるものじゃないのかなぁ。。『ハリー・ポッター』だってそうだし、『十二国記』や『魔法少女隊アルス』もそうだった。だからこそ、多少は文脈が欠けている表現だったとしても、それを補って理解することはできる感じかな。作品としてシナリオが自立しているようには思えなかった。
 たとえば、最後の場面でなぜ父親と仲直りをしようとしたのか、その動機に関しては明瞭な表現がされていなかったように思う。あれだけ自分のことを「ホッタラケ」にした遥を嫌っていたコットンは、なぜ遥のことを許そうと思ったのかも微妙なままだった。どちらも、いつの間にか仲直りしていた感じで、仲直りするきっかけや動機は曖昧なままだった感じがする。テオの敵役であるピカンタに関しても、どうしてテオを助けようと思ったのかわからない。男爵という共通の敵を持ったことや、テオがスタンプカード10000枚を出したことや、あの軟弱なテオが遥を助けようと勇敢なことを言っていることに感化されたことや、いろいろと想定はできる。けれども、作品の中において積極的にその動機を表現するようなものはなかったように思う。コットンが地底から男爵のところまで助けに戻ってくるのもご都合を感じるし、テオが飛行機を飛ばすために魔法を使えたこともきっかけが不鮮明だし、最後にはピカンタがテオの活躍を素直に喜んでいたのも違和感のあるままだった。どこを取っても、文脈を無視して飛んでしまっているところがあり、ちょっと丁寧さを感じない。カットが多かったんだろうなぁwとは思うけど…。ここまでやってしまうと、さすがに作品として成立しなくなっちゃうよねwそうは言っても成り立っているのは、典型という土台があってこそだと思う。ちょっと既存の作品が積み上げてきた典型に寄りかかり過ぎな感じ。
 とは言え、メルヘンチックな世界観はワクワクさせるに充分だったし、手鏡の中で遥の思い出を回想する場面は良かった。ちょっと、具体的な内面を描くような主要な登場人物が少なすぎるのも物語として浅い感じのするところだけど、そこらへんは尺の都合もあるだろうね。そこらへんが中途半端に感じるところ。劇場版ということで予算もあって壮大なスケールで描こうとするんだけど、上映時間の制約でカットせざるを得ない場面が多くなっちゃって、結果として出来上がる作品が貧弱なものになってしまうパターンだよwその点、『サマーウォーズ』なんかは収めるべきところに収めたっていうことなんだろうか。ホッタラケは描ききれないという中途半端さとともに奥ゆかしさのある作品になっているけど、サマーウォーズは放映時間内に描ききったはいいけれど安易なものになってしまった感じ。どっちもどっちだねw

■どっちつかずの映像表現

 結局、この作品の特徴は映像表現ということになると思う。なにより、CGだからねwそうは言っても、結論から言えばそれほどCGでやる必要性を感じなかったのも正直な感想ではある。あんまり映像面でのことはわからないけど、気付いたことをいくつか。
 まず、第一に良かったところと言えば、何より遥の表情や動きだった。セルアニメでは難しい細やかな表情の変化が描かれていたし、その分、表情を使った表現が可能になっていたんだと思う。そんな中、どこまでリアルに描いて、どこからデフォルメするのかっていうのは悩んだところなんだろうか。黒目勝ちな瞳や顔と身体の大きさのバランスとかはセルアニメのキャラクターとの親近感があるものだった反面、毛の一本一本まで見える眉毛や唇のしっとり感や少し機械ちっくな表情の作り方はCGっぽかった。そこらへんのセルとCGの溶け具合が微妙だったのかなぁ。遥は遥でいい感じのキャラクターに仕上がっていたと思うけど、セルっぽさを残したCGを作るんだったら、あえてCGにする必要もないかなっていう感じはする。動きに関しても、確かにスムーズに身体が動きはするけれども、たとえばベッドから立ち上がるときのベッドの反発といったような細かい部分での動きが描かれていないために違和感を出してしまう部分もあった。
 小道具や背景から言っても、セルとCGのどっちつかずな感じは漂っている。降り積もる雪の雰囲気が細かく描かれていたり、毛布の質感や物と物との間にできる隙間とか影の付き方が妙にリアルだったり、そういった面ではCGってすごいなぁと思う。奥行きとか立体感に関してはさすがだよね。とは言え、かえって妙に整然とし過ぎていて不自然に見えてしまう部分もある。遥のシャツの形状記憶具合が一番の例だとして、もっと遊んでもいいようなホッタラケの島の小道具なんかも小奇麗な感じでまとまりすぎていたように感じる。散らかってるとか汚いとか雑然としているっていう表現が苦手なのか、ひとつの法則でプログラムちっくに整然と描かれてしまったキレイすぎる感じが出ていた。それに、神社周辺の背景なんかは手書き感のあるものを使っていて、キャラとの不協和音みたいなものを感じないでもなかった。
 結局は、CGなのかセルなのか、中途半端な感じになってしまっていた。CGならではの表現もあっちこっちにあったけど、セルっぽさを残そうとするあまりに躊躇いが見られるようになっているし、CGをやるにしてもやり切っていないように思えてしまうことになる。内容から言ってもCGである必要性を持たないし、セルっぽさを残そうとする意識がある以上は、そもそもCGをやる必要性がどこにあるのかわからなくなっちゃうよねwもっともっとCGとして作りこむか、いっそのこと大胆にCGらしさに拘らない新しさのあるCGにするのか、どっちかに傾けたほうが良かったようにも思う。遥以外の人間の表情が乏しかったのも、作りこみの浅さを感じさせるところ。
 っていうかさ、最初の昔話がとんでもなく秀逸だったwあれを本編としてずっと上映しても良かったんじゃない?w作風が『まんが日本昔話』みたいで、温かみのある絵柄だった。と思って調べたら、本家でもやってた人が担当してたんだね。納得。



 やっぱりCGは慣れないなぁ。セルアニメでやれば、無駄な労力を使わずにもっといい作品になったかもしれない。そう思うと、もったいないし惜しい。

テーマ:見たアニメの感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2010/05/26(水) 00:01:00|
  2. ホッタラケの島―遥と魔法の鏡―
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lizardofsuturn.blog40.fc2.com/tb.php/314-906d95a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。