土星蜥蜴の「筆のすさび」

日々雑感。 アニメ文化に関する気ままな評論・感想を書き連ねます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『Genius Party Beyond-ジーニアス・パーティ・ビヨンド-』の感想。

基本は映像表現によるものなので、今回はセリフなし。
『Genius Party Beyond-ジーニアス・パーティ・ビヨンド-』

以下、ネタバレが多分に含まれますので、ご了承の上でお進みください。




 う~ん、微妙だ。前衛的…と言うんだろうか。前作に比べて、ストーリー性や内容においてあまり何かしら一貫した筋が感じられるわけではない。いや、映像表現によって伝えられているのかもしれないけれど、どうも何か骨にあたるものがあるようには思えないんだよねぇ。そりゃぁ映像がキレイであることは言うまでもないんだけど、それだけっていう感じも否めない。何を伝えようとして描かれたものであるのか、映像の門外漢にはわからんのですよ。前作が短いながらも上手いこと短編の強みを生かして作品に仕上げていたけれど、今作は短さに囚われてなかなか生かしきれなかったように思う。伸び代は見えるんだけど、それが作品の中で表現しきれていないように思う部分がある。

■GALA

 植物が種から芽を出す過程を、生命力みなぎる様子でもって表現した作品だったのかな。本当は小さな芽だったんだけど、それを小人サイズのキャラクターから見上げるような構図で取り上げたところに妙があった。小さな種にも、しっかりとした生命が宿っているんだなっていう感じ。最初は種が土に落とされる場面が描かれるんだけど、隕石を思わせるような描写だったから最後まで全体像がわからなかったよw
 そんな種が芽を出すために、小人たちが音楽を奏でながら盛り上げるんだよねぇ。ある種の儀式みたいだった。種のことを客人と呼んだり、それを慰めるとか言う表現っていうのは、種を神として考えているようなものだった。それはそれでいいんだけど、日本的なキャラクターだけでなく異文化の裝束を身に着けたキャラクターも出てきて、微妙に何がしたいんだかわからなかったなぁ。音楽に関しても聞こえてくるのは西洋音楽が混じったようなものだったのに、描かれている楽器はどれもエスニックな楽器だったし…。
 そう、一番気持ち悪かったのが、映像で表現していることと音楽とがズレてることだったwかなり致命的だよね…。音楽が壮大な感じであるのに対して映像が安っぽく見えちゃうのかな?映像に合わせて太鼓の音をSEで出したりするんだけど、かえって音楽を邪魔しているような感じだった。音楽そのものも特殊な和音を使って独特な神々しさを醸し出したような感じだけど、なんだか薄っぺらだしね(^_^;)描かれる楽器が琵琶とか琴とか和楽器であるのに対し、そういった楽器が出せない音を使っているところが不自然極まりなかったw映像と音楽の調和が崩れていたってことかな。その点、あのネズミーの『ファンタジア』は成功していたなぁと思う。。

■MOONDRIVE

 テンポ良く進んでいくストーリーが心地よかった。これだけはストーリー性が感じられたよwなんだかオアシスのように感じるね…。とは言え、普通に楽しかっただけ。観光向けに作られたアトラクションとしての宝の地図を本物の地図と勘違いして、本気で宝を奪いに行こうとする話だった。簡潔明快。

■わんわ

 映像としては構図が独特で面白かった。観念的な世界観が展開されるために掴みづらいところではあるけれども、子どもの夢想をそのまま絵にして取り出したような感じだった。雰囲気的には湯浅監督と同じ匂いを感じる。

■陶人キット

 面白そうな世界観で雰囲気もたっぷりの作品なんだけど、どうにも短かったなぁ。もっと長い尺でストーリー性を打ち出しながら作ったら面白いかも。陶人っていう奇妙な生物を極秘に密売していた女の子が主人公なんだけど、それを捕まえに来た当局とのやりとりが面白かった。あの陶人の設定にしろ、世界観にしろ、もっと詳しく知りたいなぁ。そういった意味で、まだまだ世界観が広がりそうな中で、プロモーション的な部分とも思えるような一部を垣間見ただけなような気になってしまう。なんだか惜しい。

■次元爆弾

 この作品が一番の謎だった。読み解けないwあ、菅野よう子さんの声だ!!


 どうにも映像に特徴があるだけっていう感じがしてしまって、理解には届かなかった。そういう表現をすることによって、何を伝えようとしているのか、その作品を支える核になる部分が見えてこない作品ばかりだった。見ていて映像がキレイで楽しいし、何かしら面白い夢の中の世界を見ている気分にはなる。だけど、それで終わってしまって、見終わって現実の世界に立ち戻ってから、何もフィードバックするようなものがない。それも、単に読み解けなかっただけなのかな(^_^;)いやぁ、難しい。

テーマ:見たアニメの感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2010/06/06(日) 00:01:00|
  2. Genius Party-ジーニアス・パーティ-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lizardofsuturn.blog40.fc2.com/tb.php/320-94cd9876
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。