土星蜥蜴の「筆のすさび」

日々雑感。 アニメ文化に関する気ままな評論・感想を書き連ねます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夏から始まる新アニメの感想。

 いい加減、梅雨もうっとおしい中で桜のデザインというのも微妙な感じなので、新しいものに変更しました。今回は季節に関係なく、文字がはっきりと見やすいものを選んでいます。作者さま、ありがたくお借りします。
 ぼちぼち新作アニメが始まっていますので、今回は一挙にまとめて感想を書いちゃいます。当然、予告などの段階で切っているものもあるので、新作の中から六つに絞っての感想ですが…(^_^;)その六つは以下の通り。さらに、毎週欠かさずチェックしようと思ったのは…、二作品のみ。。

『うみねこのなく頃に』
『NEEDLESS』
『化物語』
『CANAAN』
『懺・さよなら絶望先生』
『エレメントハンター』

以下、ネタバレが多分に含まれますので、ご了承の上でお進みください。

----------------------------------------------------------------------

『うみねこのなく頃に』
 実は、まだ『ひぐらしのなく頃に』を見ていないんですwなので、初めての体験。いったいコナンくんはいつ登場するのか…って感じで見てましたww
 っていうか、あのネーミングはなんなんだろう。。。「戦人(ばとら)」「楼座(ろうざ)」「絵羽(えば)」「留弗夫(るどるふ)」「朱志香(じぇしか)」「蔵臼(くらうす)」…。わざわざ漢字にしなくっても、カタカナ表記でいいんじゃ…?w何か後でトリックに使用されるんでしょうか。。
 特に今回は大きな異変もなく、事件の前兆を感じさせる回でした。とりあえず、まぁ、気が向いたら見ると思います(^_^;)

『NEEDLESS』
 マッドハウスということで期待…、してたんだけど、こんなギャグアニメだとは思いませんでしたwなんせ、原作読んでないから、事前知識がなくって。。ちょっと、これは切ろうかな。。。
 っていうか、あのフンドシ少女はなんなの?!wwwつまんないことばっかり言うし。。それに、わざわざ技の名前を宣言して絵柄でもデカく出すなんて、古典的な感じがして仕方ないwこれは技の妙を楽しむアニメなんだろうか。なんだか、初見の限りでは何を見ればいいのかわからないアニメでした。

『化物語』
 今シーズンで一番の期待作かな?これは毎週欠かさず視聴決定なので、感想は別に書きます。
 ただ、前回シャフトは『夏のあらし!』で執拗にギャグテイストを織り交ぜてきていたので、どこまで作品にそれを反映させるかっていうバランスが気になるところ。でも、珍しく真面目そうな…wにしても、シャフトは作品を量産してますよねぇ。。。すごい。やっぱり、作品の質も大事ですけど、ある程度の量を出していくってことも大切なんでしょうね。

『CANAAN』
 最初は見るつもりなかったんですけど、ちょっと見たら引き込まれましたw奈須きのこ作品は初体験です。。ちょっと見たところでは、あの主人公のカナンに『BLACK LAGOON』のレヴィや『攻殻機動隊』の草薙素子を重ねて見ちゃいましたwまぁ、とにかく、絵がキレイだったし。これから物語の展開がどんな方向に進んでいくのかわかりませんが、とりあえずはしばらく視聴する予定。これも別に感想を書きます。

『懺・さよなら絶望先生』
 まぁ、特に書くことないですよねwwいつも通りですwwこれは感想書かずに、適当に見るつもり。

『エレメントハンター』
 期待のNHKアニメ…と思ったら、残念!!「何がしたいのかよくわからないアニメ」に分類ですwヱヴァの新劇場版:破を見て以来、こんなジャンルを新たに設定。その作品内においてコンセプトが統一されておらず、目指す方向性が散漫なものになり、そのためにひとつひとつの表現もある一定の方向に収束しないという拙さの目立つもの。って感じ?
 いや、対象年齢は小学生なんだろうな…というのはわかるんです。ポケモンとかデジモンとか、そこらへんに似てる感じ?あんまりそういうアニメは見ないので、なんとも言えない部分は多いんだけど、最近のアニメ作品を見れば、大人アニメにシフトしていっているのは如実なわけで…。今さら感が漂うwとは言え、『精霊の守り人』とか『獣の奏者エリン』や『電脳コイル』などなど、小学生が見ても十分に楽しめつつ作品としても上質なものをNHKは輩出してきたわけで…。だからこその期待だったわけですけど、初回を見ただけで即切ること決定ですw正直言って、ひどかった…。
 なんていうか、元素とか世界観に関する説明が多すぎるし、キャラも微妙で差別化がされずに個性が引き立たないし、展開も物語を進めようと強引にキャラを動かしている感じがするし、古典的な表現ばっかり目立って斬新さがまったくないし、絵は動かないしキレイじゃないし、虚構の中でも必要とされる最低限のリアルさも感じられないし。。。
 桑島法子さんが出るっていうんで、その期待もあったんだけど、残念ながら見ないこと決定。直後に『獣の奏者エリン』が放送されるんですが、作品の差が歴然としていて笑っちゃったw

 ま、とりあえず初見の感想はこんな感じ。ただし、初回は悪くっても後になってから良質なものに化けるアニメも数知れずあるので、しばしばチェックはするつもりですが。。あるんですよねぇ、始めの何話かを我慢して見れば、その後からジワジワといい感じに仕上がってくるアニメ。『ゼーガペイン』なんかがそうだったかな?

テーマ:見たアニメの感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/07/06(月) 02:08:57|
  2. アニメ四季報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lizardofsuturn.blog40.fc2.com/tb.php/63-86a17b33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。