土星蜥蜴の「筆のすさび」

日々雑感。 アニメ文化に関する気ままな評論・感想を書き連ねます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『青い花』#01~#03の感想。

「ふみって、いい名前だよね。」
「あっ、ありがとうございます。」
「ふみちゃん…」
「あっ…」
「ふみ…」
「えっ…、あっ、はい…。」
『青い花』#03「朝目覚めては」より

以下、ネタバレが多分に含まれますので、ご了承の上でお進みください。


--------------------------------------------------------------

 さぁて、評判のいい百合アニメの『青い花』です。確かに引き込まれたwっていうか、絵がとってもいい。J.C.STAFFもいい仕事してる感じです。背景も実際の鎌倉の風景をかなり忠実に描いているようで、見たことのある風景がいっぱい描かれていました。キャラクターの表情や動きもよくって、作画の面では今クールの上位にランクイン。作画崩壊が仕様になっているアニメがある中、唯一の救い…とは言いすぎかなw内容は「百合」です。もっとドロドロしたものを想像していたっていうか、期待していたんですけど、今のところものすごく「さわやか」な「百合」って感じ。アニメ全体に流れている雰囲気が「ふんわり」していて、見ていて癒される感じがします。脚本の面でも展開がスムーズでそつのない感じ。全体的にバランスの取れた安心して見られるアニメだと思います。

■鎌倉の風景と虚構と現実味

 鎌倉駅前の小町通りが出たときは、思わず「おぉ」って声をあげちゃいましたw横須賀線の電車もしっかり本物だったし、エノデンも。実際の鎌倉を思い起こさせる絵がいっぱいありました。絵がキレイだから風景見ているだけで楽しめる。。。いいですねぇ~。 それに、絵だけじゃなくって、微妙な細かい設定にも鎌倉を連想させるようなものがありました。たとえば、ふみのクラスでの自己紹介で「御成中」出身の人がいました。御成中学校は実際に存在する学校。確か鎌倉の近辺の学校だったと思うけど…、どうだったかな?
 そう考えると、主人公の周辺だけが虚構としてフィクション的な絵がかれ方をしているように見えるんです。「藤が谷」なんてのは実在しないよね?聞いたことないなぁ。モデルはあるんだろうか。まぁ、周辺はあれだけ実際の鎌倉を想起させるような感じだからこそ、逆に主人公周辺の虚構が浮いて見えるんですよね。。。他の設定も全部虚構にしちゃえばいいのにとか思うけど、実際の鎌倉を舞台にしているってことで、現実味が高まってます。

■百合アニメ

 百合アニメっていうと『シムーン』を思い出すんですよね。。。短絡的かもしれないけどw他にも『西の善き魔女』もそんな要素が入っていたかな?そういうのに比べると、『青い花』がすっごく「さわやか」に思える。なんていうか、くどくない。陰湿じゃない。こざっぱりした百合って感じ。女の子同士っていうと、どうしても「嫌がらせ」とか「嫉妬」とかっていうのが描かれる印象が強いんですけど、今のところそんな描写はないですよね。まぁ、ふみが千津の裏切りに絶望するところは近いけど、それもさっぱり。確かに百合アニメなんだけど、百合っぽくないような感じもするかな。



 とりあえず、『青い花』は心のオアシスを求めて欠かさず見ようと思います。感想は…書かないだろうけど(^_^;)あしからず。

テーマ:青い花 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/07/17(金) 03:53:39|
  2. 青い花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lizardofsuturn.blog40.fc2.com/tb.php/75-09081b4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。