土星蜥蜴の「筆のすさび」

日々雑感。 アニメ文化に関する気ままな評論・感想を書き連ねます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『CANAAN』#04「呉れ泥む」の感想。

「世界ふしぎ発見!!」
『CANAAN』#04「呉れ泥む」より

以下、ネタバレが多分に含まれますので、ご了承の上でお進みください。


--------------------------------------------------------------

 いやぁ、偽乳のセリフに癒されたw今回はシリアスでぶっ通しな感じだったので、オアシスのように感じちゃった…。それまでの流れがシリアスだっただけに、あまりのギャップに大爆笑です。
 本当に今回はシリアス回。やっぱり出てきた「普通の女の子」。前回までのプロットで見え見えな感じは否めなかったですけど、まさか今回で言葉に出して言ってしまうとは…。ただ、問題はマリアが言っているように「普通の女の子って、どんな女の子のこと言うんだろう」ってことです。これを掘り下げちゃうと大変なことになるんじゃ?なんてーか、プロットを丸出しにしたように思えて、ちょっと残念。基本的には「カナン=普通の女の子に憧れるスナイパー」⇔「マリア=スナイパーの見る世界に興味を持つ普通の女の子」っていう対応関係で、それを展開している感じ。他にも、前回の弟くんがなぜ死ななければならなかったのかってタネ明かしがなかったので、今のところ浮いている状態。それも、早々に回収して欲しかったな。

■弟くんの存在

 前回、マリアに偽の爆発物を取り付けて、カナンの逆上を導きながら死んでいった弟くんが登場しました。彼はカナンがマリアを守るために自分を殺す判断をするだろうことは容易に想定できたと思うんです。ってことは、彼は自ら死を望んだってことに。これって意味がわからないw
 あくまで推測でしかないのですが、あの弟くんはアルファルドの差し金だったんじゃないのかな?今回のラストでアルファルドが憎しみに駆られるカナンに対して「泥のようだろ?」って言います。アルファルド自身も憎悪に駆られたことはあるようで、そのときの気持ちを「泥のよう」と表現しているように文脈からは読み取れます。なんか、アルファルドは憎しみに染まったカナンを見て楽しんでるんですよねwってことは、アルファルドはなぜカナンが憎しみを以て自分を襲ってきているのか知ってるってこと?過去にシャムを殺された憎しみによるアルファルドへのアタックにしても、このタイミングってのは考えにくいし。。よくわからんなぁ。でも、そう考えると、弟くんに策を与えてカナンを逆上させ、自分が過去に体験した憎しみをカナンにも与えることを目的として行動したなんて推測はどうでしょう?楽しんでいることも納得できるし。。
 でも、なんだか脈絡の欠如があるような気がしてしょうがない。アルファルドはカナンがなぜこのタイミングで襲ってきたのか、本当の理由はわかってなかったとも考えられますし。こういう変なところで解釈しづらい表現するのって面倒ですよねw

■普通の女の子

 うーん、異文化相対主義の理念を最大限に発揮して考えれば、「普通の女の子」ってありえない存在なんだろうね。「普通」っていう絶対的な価値観によって「女の子」の存在を規定しようっていうんだから、無理があるでしょ。それって、某グロー○ゼーションっぽい発想なんじゃないのかな?

「カナンは普通の女の子。どんな過去があったって、どんな今を生きていたって。でも、それは私の欺瞞だった。あのとき、カナンは普通の女の子なんかじゃなかった。」

 マリアはこう言うんです。さっきの弟くんの爆弾のせいで、カナンはマリアの目の前で弟くんを殺しちゃいました。それを見たマリアは超ショック!!wカナンのことを遠ざけてしまうわけです。
 おそらく、マリアの言う「普通の女の子」っていうのは自文化中心の発想によるものなんでしょうね。日本で育てられるのとは違った境遇で育ったカナンを見て、自分の今までの生活や人生に照らし合わせて、それでも共通点はあるんだと以前は感じていたんでしょう。でも、実際にはやっぱり違っていた。マリアは少なくともカナンほど素早く弟くんを殺す判断はできなかったと思います。だから、根本的な部分において自分(=普通)と「違う」部分を見つけちゃったわけです。それは、カナンを普通の女の子だっていう勘違いが欺瞞であったと同時に、自分自身を「普通」だって思っていたことに対する傲慢でもある…、と思うんだけど、そこまでは描かれてなかったかな?踏み込みが浅い!!w
 マリアはブラックラグーンのロックのように、グレーゾーンには入れないんですね。。。まだ彼女はホワイトそのものです。むしろ、カナンのほうがグレーな感じに描かれちゃってるwここらへんにも相変わらずチグハグな感じが漂ってます(^_^;)



 ま、トータルで考えればいい感じ☆ギャグも程よく入り、巨乳や偽乳もあり、中にはBB弾で撃たれることに無上の喜びを感じるドMの変態もあり、飽きることはないですねw絵も初回ほどじゃないけどキレイですし。今シーズンでは『青い花』とともに無難な作品になりそうです。

テーマ:CANAAN - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/07/26(日) 02:23:31|
  2. CANAAN
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lizardofsuturn.blog40.fc2.com/tb.php/83-cf0f39f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。