土星蜥蜴の「筆のすさび」

日々雑感。 アニメ文化に関する気ままな評論・感想を書き連ねます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『CANAAN』#05「灯ダチ」の感想。

「私は…、マリアにとって殺人者なんだ。」
『CANAAN』#05「灯ダチ」より

以下、ネタバレが多分に含まれますので、ご了承の上でお進みください。


--------------------------------------------------------------

 う~ん、今回はかんなり不満だったぞ。っていうか、この作品の方向性ってこんなんだったけ?前回まではカナンとマリアの関係性にかなりシフトしていたのに、今回は「ヘビ」って組織の暗躍みたいなところが強調されてた。なんていうか、設定や構成もぬる~い感じだし、矛盾を感じるところもいろいろと出てきちゃって残念。

■ぬるさ

 カナンはどうやってマリアとの関係性を自己肯定したんだろう。前々回はマリアの目の前で殺人を行ったわけだけど、それが原因となって二人の関係性は崩れたわけです。マリアは殺しをやるカナンに対して率直に嫌悪感を示したし、それを受け止めたカナンはショックを受けてた。アルファルドはそんなカナンの心情を楽しんでいたようにも見えたけど、そこんところはまだわからないんだよね。
 今回もユンユンを殺そうとしているところにマリアが止めに入って、カナンはユンユンを見逃すわけです。これって職務放棄なんだからスナイパーとして失格じゃないの?wそれに、「私は…、マリアにとって殺人者なんだ。」って自己否定を行っておきながら、すぐさま仲直りする始末。なに?仲直りまでの過程が省略されてるの??カナンは「マリアを悲しませたくないから殺さない」っていう気持ちなんでしょうけど、それって今までの彼女の人生をすべて否定することになるんじゃないのかな?彼女は「殺人」っていう要素が大きなアイデンティティーになってるんだから、それは人格の破綻をきたすほどの否定になるんじゃないの?それなのに、ユンユンを殺さないで助けたって行動にどうつなげたのか、そこんところの心理描写がまったくなかった。だから、矛盾に感じちゃう。
 殺人がカナンのアイデンティティーとして大きな要素を占めているにもかかわらず、その殺人をやめる動機がただ「マリアを悲しませないため」ってのは納得がいかないんだよね…。それに、今止めたからって言っても過去の殺人は消せないでしょ?それにそれに、そんな展開にしちゃって、シャムの敵討ちはどうするんだろう。。。なんだかカナンの人物設定が崩壊しかけてるっていうか、一貫性を持たなくなっちゃうような…。これからどう使っていくのかはまだわからないんだけど。。せっかくのマリア⇔カナンっていういい感じの対応関係が築けていたんだから、うまく使っていけばいいのに残念。
 こういう雰囲気の作品でご都合主義的な展開にしちゃうのはマズイよね。。っていうか致命傷じゃない?いや、完璧にファンタジックだったりSFだったりすれば問題はないんだろうけど、割と現実社会と近い作風を持たせてるんだから細かい設定に矛盾が生じないように頑張らなきゃwボナーを刺客として使うのも非常に効率の悪い不確実な手段だし、ボナーが命をかけてまでも殺人に精を出す動機付けも疑問があるし、なんていうか、全体的に設定にぬるさを感じる今日この頃w

■刺客としてのボナー

 そのボナーさん。ウイルスに罹ると臓器が二つに増えるみたいですw前に出てきたお兄ちゃんは心臓が二つになったために運動能力が格段に向上するという設定が与えられてました。けど、ユンユンは盲腸が二つにw彼らは特殊な薬を服用しないと死んでしまうらしく、それで「ヘビ」からの指令も否応なく応じなきゃいけないんですね。きっと、弟くんが死ぬことをわかっていてカナンとマリアに接近したのも同じ背景があったものと推察されます。けど、なんで弟くんがマリアに偽モノの爆弾を仕掛けてカナンを試したのかは依然として不明なんだけどね(^_^;)
 でも、ヘビとしてもボナーにカナンや要人の暗殺を指令するのは不確実でリスキーな手段なんじゃないのかな?だって、彼らボナーは殺しのプロじゃないんだもん。特に、今回のユンユンはこれといった取り柄もないわけだから、なおさら。っていうか、逆にヘビの情報を流しかねないし、死ぬことがわかっていて特攻する兵士って運用するにしても難しいだろうし、効率悪いでしょ。ただ単にドSとしての性欲を満たすために無駄だとわかっていながら指令を出しているなら別だけどwそれだったら深い設定になるよねww
 そう、それに、指令を受けても死ぬし、断っても死ぬってわかっていて、なんで確実に暗殺の指令をこなそうとするのか動機付けが不確か。薬が欲しいのはわかるけど、成功する確立は極端に低すぎるでしょwそれに、単発で仕掛けるよりも複数で同時に作戦を展開したほうが成功確率は上がるだろうし。。なんだか、煮詰まってない感じがプンプンするw



 いや~な感じが漂ってきたな。。ここまで設定に揺らぎが出るとは思わなんだ。何がしたいのかよく解らなくなってきたなぁ。。っていうか、ユンユンの運命はどうなるんだろ?死ぬのがわかっていて、なぜ離脱したのか、そしてマリアなんかからも離れてどうするのか、とりあえず、来週のそこらへんで切るかどうかの判定を出すことになりそうな…。期待していただけにちょっとショック…。

テーマ:CANAAN - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/08/02(日) 02:31:51|
  2. CANAAN
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lizardofsuturn.blog40.fc2.com/tb.php/85-928639b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。